Uber Eatsが5周年! これまでの最高注文金額は?

拡大画像を見る

 Uber Japanは9月27日に、同社が運営する「Uber Eats」が日本上陸5周年を迎えたのを機に、Uber Eatsの注文者とレストランパートナー、配達パートナーの3者にフォーカスした5年間のトレンドデータを公開した。

 Uber Eatsは、これまで日本からの注文で、59カ国、計1万件以上の配達を完了しており、配達先としてもっとも多かった国はアメリカで、台湾、オーストラリアが続いている。また、カナダ、イギリス、フランス、メキシコ、スリランカ、ニュージーランド、ブラジルといった国々への配達注文もあったという。
 国内での注文における最高額は約49万円(東京)で、約25万円(大阪)、約21万円(福岡)、約12万円(名古屋)、約9万円(横浜)がそれに続いた。
 注文額上位の人は、ワインショップ・エノテカ エノテカ&バー 表参道ヒルズ店(東京)にて2012年ヴィンテージのシャトー・ムートン・ロスチャイルドなどの高級ワインや、【うなぎ専門店】江戸焼 うなぎ 菱富(大阪)の【Uber Eats限定】特別うな重、北海道かに将軍 今池店(名古屋)にてタラバかに足一本ゆで、エンパイアステーキハウス六本木(東京)のプライムポーターハウスステーキなどを注文したとしている。
 Uber Eatsの、国内での最初のサービスが東京で開始された2016年9月29日の最初のオーダーは、バーガーマニア恵比寿のラテシェイクだった。なお、Uber Eatsは同日、アボカドバーガーやバターチキンカレー、アサイースムージーやレモンタルトなど、600件を超える配達を行っている。
 Uber Eatsでは現在、約10万人の配達パートナーが携わっており、配達パートナーがこれまでの5年間で完了した日本での配達総距離は、地球から月への片道旅行1000回分に相当する、3.8億kmに達するという。
 配達パートナーは、自転車での配達が約7割でもっとも多く、同社は各地の警察や自治体と協力して、交通安全の啓発活動にも取り組んでおり、今後も配達パートナーが安心・安全に配達を行えるよう、さまざまな取り組みを実施していくとのこと。

関連リンク

  • 10/9 7:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます