2021年のバロンドール候補者30名が発表に!…チェルシー、マンCから最多5名が選出

拡大画像を見る

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は8日、2021年のバロンドール受賞候補にノミネートされた30選手を発表した。投票はジャーナリスト180名によって行われ、授賞式は11月29日にパリで行われる予定だ。

 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは、1956年に創設。2010年からはFIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより名称を「FIFAバロンドール」と改めていたが、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催のバロンドールが復活した。

 2019年度は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(現パリ・サンジェルマン)が史上最多となる6度目の受賞。しかし、2020年度のバロンドールは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「十分に公正な条件にならないため」、歴史上初めて開催を断念していた。

 今回の候補者30名は、昨季チャンピオンズリーグの決勝を戦ったチェルシーとマンチェスター・Cからそれぞれ最多の5名が選出。また、EURO2020で躍進したイタリア代表やイングランド代表からの選出も目立った。一方、2009年以降11年連続でバロンドーラーを輩出してきたラ・リーガのクラブからは、合計でわずか5名のみのノミネートとなった。

 最終候補者は以下の通り。

リヤド・マフレズ(アルジェリア代表MF/マンチェスター・C)
エンゴロ・カンテ(フランス代表MF/チェルシー)
アーリング・ハーランド(ノルウェー代表FW/ドルトムント)
レオナルド・ボヌッチ(イタリア代表DF/ユヴェントス)
メイソン・マウント(イングランド代表MF/チェルシー)
ハリー・ケイン(イングランド代表FW/トッテナム)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア代表GK/ミラン→パリ・サンジェルマン)
カリム・ベンゼマ(フランス代表FW/レアル・マドリード)
ラヒーム・スターリング(イングランド代表FW/マンチェスター・C)
ニコロ・バレッラ(イタリア代表MF/インテル)
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表FW/バルセロナ)
ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表MF/マンチェスター・U)
ペドリ(スペイン代表MF/バルセロナ)
ルカ・モドリッチ(クロアチア代表MF/レアル・マドリード)
ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア代表DF/ユヴェントス)
ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー代表MF/マンチェスター・C)
ネイマール(ブラジル代表FW/パリ・サンジェルマン)
ルベン・ディアス(ポルトガル代表DF/マンチェスター・C)
ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン代表FW/インテル)
シモン・ケアー(デンマーク代表DF/ミラン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表FW/バイエルン)
ジョルジーニョ(イタリア代表MF/チェルシー)
モハメド・サラー(エジプト代表FW/リヴァプール)
セサル・アスピリクエタ(スペイン代表DF/チェルシー)
ロメル・ルカク(ベルギー代表FW/インテル→チェルシー)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表FW/ユヴェントス→マンチェスター・U)
ジェラール・モレーノ(スペイン代表FW/ビジャレアル)
フィル・フォーデン(イングランド代表MF/マンチェスター・C)
ルイス・スアレス(ウルグアイ代表FW/アトレティコ・マドリード)
キリアン・エンバペ(フランス代表FW/パリ・サンジェルマン)

関連リンク

  • 10/9 7:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます