長崎に誕生予定の革新的なサッカースタジアムの全貌に迫る!

拡大画像を見る

新しいサッカー専用スタジアムの建設プロジェクトを押し進めるジャパネットホールディングスの社長・髙田旭人が、10月9日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。これまでの常識を覆す新スタジアムの全貌に迫る。

全国各地で球技専用スタジアムの建設や改修計画が浮上している中、今、大きな注目を集めているのがV・ファーレン長崎の新ホームスタジアムだ。来年着工し、2024年の完成を目指す新スタジアムの建設プロジェクトは、テレビショッピングでお馴染みのジャパネットが主導となって進めている。

2017年に経営難に陥っていたJ2のV・ファーレン長崎を子会社化したジャパネットは、髙田のある考えをきっかけに、新しいサッカー専用スタジアムの建設計画に着手。番組ではスタジオに髙田を招き、MCの勝村政信や、解説の都並敏史らと共に、新スタジアムへの思いやこだわりなどについてトークを繰り広げる。

プロジェクトのキーワードになるのは“民間主導”。スタジアム建設には莫大なコストや広大な土地が必要になるため、通常は自治体に頼らざるを得ず、理想的なサッカースタジアムにはなりにくかったという。一方、長崎の新スタジアムは建設から運営まで、ジャパネットが一括して担当。官主導と民間主導のスタジアムでは何が違うのか。サッカージャーナリスト・大住良之の解説を交えながら、その差異を紐解いていく。

また、新スタジアムの驚くべき設備やこれまでにないシステムなども紹介。数々の革新的なアイデアに、勝村や都並も「さすが!」「最高ですね!」と感嘆の声を漏らす。さらに、海外の事情やスタジアムの抱える課題などもピックアップ。日本におけるサッカースタジアムの未来を考えていく。

関連リンク

  • 10/9 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます