「私は子ども部屋おじさん」年収800万円で実家ぐらしの40代男性「FIREも可能だが、仕事は辞めない」

拡大画像を見る

「私はいわゆる子ども部屋おじさんです」

愛知県在住でメーカーに勤務する40代前半の独身男性が、キャリコネニュースで実施中のアンケートにこんな回答を寄せた。金融資産もかなりあるようで、FIRE(早期リタイア)も実現可能だという。FPの佐藤祐一氏に解説してもらった。

「年間の支出は200万円以下です」


年収800万円という男性は、父母と3人で一緒に暮らしている。

「もともと結婚願望がなく、ひとりが楽な性分のため、生涯独身の予定です」

「私生活ではインドアとアウトドアの趣味があり、既婚、独身にかかわらず継続できる趣味やコミュニティに属しているので、幸福度は高いと感じています」

「身の丈に合った金銭感覚が大事だと思っているので、節約はせず好きなようにお金を使っているつもりだが、年間の支出は200万円以下」だという。

こうした暮らしぶりのおかげか、資産は十分溜まったようだ。

「私個人の金融資産が5000万円以上あり、給与以外の副収入が生活費を上回っている状況なので、流行のFIREを実現可能という意味では経済的に余裕があると感じています」

しかし、仕事を辞める気はないという。

「仕事内容は天職でやりがいもあり、人間関係も良好で有休も取りやすいため、今のところ早期退職の予定はありません」

男性は本業での収入アップを目指して無理をするよりも、うまく資産を運用して豊かに暮らしたいと考えている模様。次のように語っていた。

「給与所得などの総合課税を増やすことに注力せず、株式の譲渡益などの分離課税や利子配当による収入を増やしたり、ふるさと納税を活用したりすれば、生活が豊かになるのではないかと考えています」

FPの佐藤祐一氏はこの男性の暮らしぶりについて、次のように語っていた。

〈「子ども部屋おじさん」とは面白い表現ですね。世の中には「いい歳して、実家暮らしで未婚なんて」と考える人もいるかもしれませんが、生き方は個人の自由です。逆に資産形成・防衛と言う点から言えば、実家暮らしで節約生活を送るのは、効果的な方法です。もちろん、誰にでもできる方法ではないですが。

この方の場合、40代で金融資産が5000万円あって、年間200万円以上の運用益をあげている。さらに安定して給与がもらえる仕事も続けていくなら、老後を心配する必要はないでしょう。

もし、将来この男性のように悠々自適で暮らしたいけれども、何をしたら良いのかわからないという若い方がいたら、第一歩としてインデックスなどローリスク・ローリターンの投資をおすすめします。

もちろん、投資ですから勉強も必要ですが、業界や国の行く末などをマクロな視点で学んだら、投資だけでなく、いろんな場面で役立ちますよ。〉

関連リンク

  • 10/9 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます