片岡仁左衛門 孫と7年ぶり「連獅子」共演「35年間抱いてきた思いがかなった」

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優・片岡仁左衛門(77)が8日、都内で東京・歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」(11月1~26日)第二部「連獅子」の取材会に、孫の片岡千之助(21)と出席した。

 7年ぶり3度目となる孫との「連獅子」共演。本興行では史上最高齢となる77歳で、親獅子の精を務める。1986年に十七世中村勘三郎が76歳で務めた公演を見て「この年になったらぜひやりたいと思っていた」と決意したことを明かし「35年間抱いてきた思いがかなった公演になります」と笑顔を見せた。

関連リンク

  • 10/9 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます