生うにのパスタが絶品!ミシュラン星付きイタリアン


ようやく緊急事態宣言もあけたし、この週末は心ゆくまでレストランでワインを味わいたい!

そんな時に訪れてほしいのが、愛され続ける上質イタリアン『レガーロ』。

名物は生うにのパスタで、ワインのラインナップも豊富だ。代々木公園近くの参宮橋に位置する、ミシュラン一つ星の人気店をご紹介しよう。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

参宮橋駅から徒歩1分。店先の看板が目印

休日のゆったりとした時間を過ごすのにぴったりなイタリアン

参宮橋駅のほど近く。地下へと続く階段を下っていくと辿り着くのがイタリアンの名店『レガーロ』。

2008年にオープンして以来、多くの食通を唸らせ続け、2017年から4年連続でミシュラン一つ星を獲得する人気店だ。

シェフを務める小倉知巳氏は、『アロマフレスカ』や『ディリット』で修業を積んだ人気の料理人。

その味を求めて、数多くの食通がこの店に通い詰めている。

ダウンライトが灯る店内は、ゆったりとしたテーブル席とカウンター席を備える

イタリアワインも豊富にラインナップ

本格イタリアンをリーズナブルに楽しめるのも『レガーロ』の魅力のひとつ。

ディナーコースは「MENU SPECIAL」(9,130円)と「MENU REGALO」(7,700円)の2種から選べる。

また、イタリアワインも豊富に用意。北から南まで伝統的な生産者からナチュラルワインまで、常時300本以上を揃えている。

コースの全料理とのペアリングも用意されているので、ワイン好きならぜひオーダーしてみて欲しい。

「うにの冷製スパゲッティーニ トラーパニ風」

うに好き歓喜!季節ごとのうにパスタが楽しめる

今回は「MENU SPECIAL」の中から4品を紹介しよう。

まずは、名物のうにパスタから。

これを目当てに足を運ぶファンも多いという人気メニューの一つだ。

生うにをたっぷり使用したうにのパスタに、ワインを合わせて味わえる日を心待ちにしていたはず!

うにを使ったパスタを希望の場合は、予約時にスタッフに相談を

『レガーロ』では、夏だけでなく通年うにを使用したパスタを楽しめるのも嬉しい。

夏には冷製、秋には手打ちパスタとうにを合わせたものなど、季節ごとの味を楽しめる。

写真は、夏に提供される「うにの冷製スパゲッティーニ トラーパニ風」。

バジル、トマト、アーモンドなどをすりつぶしたトラーパニソースと、うにの相性は抜群。

「ワタリ蟹と黄ニラのピーチ」(初夏提供の料理)

『レガーロ』のスペシャリテのひとつである手打ちパスタを使った一皿も紹介したい。

この日ご用意いただいたのは「ワタリ蟹と黄ニラのピーチ」。

卵を使用せず小麦粉と水のみで作る手打ちパスタ・ピーチのもっちりとした食感と、黄ニラのシャキシャキとした食感が軽快に箸を進ませる。

魚醤などに漬け込んだワタリ蟹、トマト、ニンニクで作るソースの、コク深く濃厚な味わいも堪らない。

アロマフレスカ出身を彷彿とさせる、牛炭火焼きはこちら!

「金目鯛のヴァポーレ」

しっとりとした魚の火入れに、技が光る!

続いて紹介したいのは「金目鯛のヴァポーレ」(初夏提供の料理)。

しっとりと蒸しあげられた金目鯛に、フレッシュトマトとバジルのソース、ディル、セルフィーユ、パクチーで作るハーブサラダが添えられた爽やかな一皿。

シェフ自ら豊洲市場に出向き使用する食材を厳選。魚介のみならず、旬の素材の味と香りを訪れる人に届けてくれる。

「オリーブ牛の炭火焼き」。この日はイチボを使用

オリーブ牛の強い旨味をひきだす、炭火焼きの力

またオープン当初からのスペシャリテが「オリーブ牛の炭火焼」。『アロマフレスカ』出身を彷彿とさせる逸品だ。

コクがありながらも、さっぱりとしていて、柔らかいという特徴をもつオリーブ牛を、炭火を使い強火で表面を焼き上げる。

塩、コショウのみで味付けしたとは思えないほど力強い肉の旨みと炭火の香りが口いっぱいに広がっていく。

一度食べたら強く記憶に刻まれる一皿だ!

ようやく、心ゆくまでワインとイタリアンをレストランで楽しめる日がやってきた!

ペアリングで愉しむもよし、好きなワインをボトルでチョイスするのもよし。

本格イタリアンをワインとともに楽しみたい日には、『レガーロ』を訪れてみてはいかがだろう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます