Snow Man 感謝!初の有観客ライブ 6400人に「デビューしました!」

拡大画像を見る

 人気グループ・Snow Manの全国ライブツアー「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」が8日、神奈川・横浜アリーナで初日を迎えた。2020年1月に「D.D.」でCDデビュー後、初めての有観客ワンマンライブツアー。まばゆいペンライトに照らされ、全力パフォーマンスをダイレクトに届けた。

 待ちに待った景色が、目の前に広がる。佐久間大介(29)は声の限りに叫んだ。「オレたちに会いたかったか?オレたちも会いたかった!きょう、ここにいる全員を幸せにしてやるから、ついてこいよ!」。そして遅ればせながら、直接伝えたかった感謝の言葉を6400人を前に口にした。

 「Snow Man、デビューしました!みんなありがとう!」

 2020年1月にCDデビュー。しかしその後、新型コロナウイルスが猛威を振るい、同年3月下旬に予定されていたツアー「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.」が中止。振り替え公演も取りやめに。アクシデントを乗り越え、この日のステージにたどり着いた。

 9人は1年9カ月分のパワーをパフォーマンスに込め、アンコールを含め計29曲を熱唱。12月1日発売の新曲「Secret Touch」も初披露し、切れ味鋭いダンスとエネルギッシュな歌唱で汗だくになった。

 リーダーの岩本照(28)は「思いがグッとこみ上げました。通しリハとは違ったレベルのアドレナリンが出る。そこはお客さんの力」と充実の表情。ラウールも「きょうは遠足の前みたいな気分だった。涙というより興奮の方が強かったですね」と心地良い熱気に酔いしれた。

 1stアルバム「Snow Mania S1」が初週売り上げ84・1万枚を記録。実力派アーティストに成長した。Jr.時代から見守ってきたジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明氏(39)はライブを視察し「ピンチをチャンスに変えることができるグループ」と深くうなずいた。

 ピンチをチャンスに-。昨年は初出場切符を手にしたNHK紅白歌合戦にも、メンバーの宮舘涼太(28)の新型コロナウイルス感染で不参加を余儀なくされた。その紅白は、今年は有観客開催だ。ラウールは「お話を頂けるのであれば、出演させて頂きたいと思います。いつか実際に紅白の舞台に立つことが叶う日を夢見ています」と思いをにじませた。

 客席からは、昨年1月に同時デビューした戦友のSixTONESのジェシー(25)らも見守った。さまざまな人たちの思いを胸にスタートしたツアー。不屈の9人は全国7都市32公演を駆け巡る。

関連リンク

  • 10/9 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます