鹿島、横浜FC戦で違反行為が認められた6名のサポーターに処分

拡大画像を見る

 鹿島アントラーズは8日、クラブ公式サイトを通じサポーターの違反行為に関する処分について発表した。

 鹿島によると、10月2日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節横浜FC戦において、鹿島サポーターの違反行為が認められたという。同クラブは「試合終了後、鹿島の選手たちが南側ゴール裏のサポーターズシートへあいさつに向かった際、サポーターがスタンド最前のセキュリティーフェンスを乗り越えて横断幕の掲出や、運営スタッフに対して威嚇行為、会場運営の妨げになる行為を行った。本行為は鹿島アントラーズにおける観戦ルール違反にあたり、該当者としてサポーター6名を特定後、本人たちへ事情聴取を行い、違反行為を認めたため処分を下した」と発表した。

 同クラブは違反行為が認められた6名に「鹿島アントラーズが出場する2021シーズンのホームゲーム及びアウェイゲーム、天皇杯への入場禁止」処分を科し、今回の違反行為を受け、「クラブではコロナ禍の観戦における禁止事項として、太鼓以外すべての鳴り物(ブブゼラ、拡声器など)の持ち込みと使用を禁止することとします」と禁止事項を追加したと伝えている。

 鹿島は処分発表と合わせて「今回の違反行為を受け、クラブとして、セキュリティ体制強化や観戦ルールの周知を徹底してまいります。サポーターの皆さまにおかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、ルールを順守してご観戦いただきますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」と声明を発表している。

関連リンク

  • 10/8 22:23
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます