ジェイク・ギレンホールがスーパーヒーローに!『デッドプール』クリエイター原作コミックを映画化

拡大画像を見る

 『ブロークバック・マウンテン』でオスカーにノミネートされ、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ではヴィランを演じたジェイク・ギレンホールが、新作『Prophet(原題)』でスーパーヒーローを演じる事が明らかになった。

 Deadlineによると、本作は『デッドプール』のクリエイター、ロブ・ライフェルドのコミックを原作に、『タイラー・レイク ‐命の奪還‐』の監督サム・ハーグレーヴがメガホンを取る作品。第二次世界大戦中にドイツ軍に徴兵され、化学実験の被験者となったことから超人的なパワーを獲得した、ジョン・プロフェット(ジェイク)の物語が描かれるという。

 原作コミックを基に、ドラマ『ARROW/アロー』や『レジェンド・オブ・トゥモロー』の脚本を担当し、マーベルコミックスやDCコミックスの脚本も手掛けている、マーク・グッゲンハイムが、脚本を執筆する。

 ジェイクは、アントワーン・フークア監督がメガホンを取ったNetflix映画『THE GUILTY/ギルティ』が配信され、好評を得ている。この後、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が共演のマイケル・ベイ監督作『Ambulance(原題)』に出演するほか、待機作が多数ある。ハーグレーヴ監督は、『タイラー・レイク』第2弾の製作が発表されたばかり。

関連リンク

  • 10/8 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます