さすがはエース! 乃木坂46齋藤飛鳥の「特大焼肉爆食スクープ」に見えるプロ意識

 
 乃木坂46の偉大なる1期生、齋藤飛鳥にスクープが出た! 一報は10月5日の『NEWSポストセブン』にて公表されたが、その内容に「さすが!」とファンから拍手喝采が送られているという。

「今回の報道は、齋藤がスタッフと焼肉(しかも特大のカルビ)をハイスピードで食していたという内容でした。さらに個室ではなく、一般客から丸見えの場所だったとのこと。何とも潔いスクープで『飛鳥ちゃんカッコイイ』『熱愛かと思ったけど安心した』と、ネット上で騒がれています。齋藤は以前から焼肉好きを公言しており、仕事の合間にサクッと一人焼肉に行くこともあるそう。ですから今回、『特大カルビを』『ハイスピードで』食べていたという、齋藤の媚びない“ジコチューでいこう!”精神が証明され、ファンにとってはなんともほっこりするスクープになったのです」(アイドル誌編集者)

 トップアイドルがフラっと1人で焼肉店に来たら、店員が戸惑うのも無理はないだろう。また、撮られた写真についても話題となっているようで……。

「白の長袖Tシャツにズボン、キャップにマスクなのですが、どれも何だか不自然に見えるのです。というのも、齋藤があまりにも小顔なのでキャップとマスクが顔を完全に覆ってしまい、まったく顔が見えず、もはや顔がないのではないかのよう。また、トップスとボトムスも流行りのオーバーサイズを合わせているのですが、齋藤が華奢なだけに、まるでお父さんの服を着させられた子どもみたいでした。普段、テレビに出る時は美少女揃いのグループの中にいますし、齋藤にジャストサイズの衣裳を着ていますが、一人でいる時に私服姿を撮られても、異次元のスタイルの良さであることがよくわかりましたね」(アイドル誌ライター)

 今回のプライベート報道で、齋藤の好感度はさらに上がりそうだという。

「今、乃木坂46は星野みなみの熱愛発覚の影響もあり、ファンも落ち着かない思いを抱いているタイミングです。アイドルというのはその特性上、恋愛が発覚すればマイナスの影響を受けることは免れません。なので、“いかにも彼氏がいなさそう”なイメージというのは、ファンに支持される要素となる。実際のところはわかりませんが、今回の爆速特大焼肉スクープは、齋藤の“彼氏いなさそう”感が滲み出ていました。プライベートにも抜かりがないあたり、さすがは乃木坂46のエースです」(前出・アイドル誌ライター)

 もっとも、齋藤といえばサバサバした性格で毒舌を披露することもしばしば。焼肉を食べに行っただけで騒がれたことには「ほっとけよ」と思っているかもしれない。

  • 10/8 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます