ヤマダデンキから“ゲームこたつ”登場! オリジナル商品から

拡大画像を見る

 ヤマダホールディングスは10月中旬に、2021・22年度のこたつ新商品第1弾となる3機種を、全国の「ヤマダデンキ」店頭(一部を除く)、およびオンラインショップの「ヤマダウエブコム」で発売する。

 2021・22年度こたつ新商品の第1弾では、「ゲーミングこたつ」をはじめ、「軽量こたつ(かるこたつ)」シリーズ2モデル、「オールインワンこたつ(正方形タイプ)」の3機種を用意している。
 「ゲーミングこたつ」は、カードゲーム用のカードスロットや、チップフィルターを備えるとともに、カードやチップを扱いやすいベロア生地の天板を採用する。天板の下には、カードやチップの収納スペースを備えており、天板は通常のこたつとしても使えるよう、リバーシブル仕様となっている。
 サイズは幅75.0×高さ38.5×奥行き75.0cmで、価格は1万6280円。
 「軽量こたつ(かるこたつ)」シリーズは、やぐらと脚に桐材を使用し、同社の従来製品と比較して約20%の軽量化を実現した。軽さを感じさせない重厚なデザインで、天板は傷がつきにくいメラミンシート貼りとした。また、幅105cmタイプと幅120cmタイプの2モデルを用意する。
 幅105cmタイプは、サイズが幅105.0×高さ38.0×奥行き75.0cmで、価格は2万1780円。
 幅120cmタイプは、サイズが幅120.0×高さ38.0×奥行き80.0cmで、価格は2万7280円。
 「オールインワンこたつ(正方形タイプ)」は、こたつ、こたつ布団、イスをセットにしたオールインワンこたつの正方形タイプで、天板とこたつ布団はリバーシブルなので、4種類の組み合わせを選べる。付属の脚に交換して、イスの脚を取り外すことで、座卓タイプとしても使用可能。スマートフォンやタブレット端末の充電に便利なUSB端子を備えている。
 サイズは幅70.0×高さ67.0×奥行き70.0cmで、価格は2万8380円。

関連リンク

  • 10/8 21:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます