唐田えりか「東出不倫からようやく女優復帰」匂わせの功罪

拡大画像を見る

 2020年1月、俳優の東出昌大(33)との3年にわたる不倫関係が報じられて、女優業を事実上休止していた女優の唐田えりか(23)が、8月30日から9月4日まで開催されたファッションショー「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S」で発表された短編映画『something in the air』に主演し、実に1年半ぶりとなる女優業への復帰を果たした。

※動画は「taishu.jp」で

 この唐田の女優復帰について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、唐田が世間から激しいバッシングを受けた時に示した「事務所の態度」について、またこの件で唐田がしでかした「最大のミス」について、さらに昨今の芸能界から消えてしまったという「謎のベール」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの茜さやさん、芸能リポーターの佐々木博之氏、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/cqZAKSTqFjo

関連リンク

  • 10/8 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます