自分から言うのは恥ずかしい!彼に「キスして♡」と伝える仕草って?

拡大画像を見る


キスをしたい気持ちの時、どうしていますか?彼が気付いてすぐにキスをしてくれる人なら良いのですが、残念ながらそれほど察しの良い男性ばかりではありません。また、自分からキスをするのも良いですが、そのように積極的に動けない性格の女性もいるでしょう。そういう二人が付き合っているカップルなら、彼にキスをしたい気持ちを仕草で伝えることが重要となります。では、どうすれば彼にキスがしたい気持ちを伝えることができるのでしょうか。


顔を近づけて目を瞑る

キスをする時は、顔を近づけるだけではなく目を瞑るという人が多いでしょう。そのため、キスをねだりたい時には顔を近づけて目を瞑るのがおすすめです。そうすれば「キスの前の動作をしている=キスをしてほしいのか!」と気付いてくれる男性は多いでしょう。ただし、彼が見ていないと通じないので、間違いなく彼が自分の方を見てくれているタイミングでこの仕草をするようにしてくださいね。


口を出しながら「んっ!」と言う

彼がスマホやテレビなどに集中していると、どんなに目を瞑ってキスを待っていても気付かれることすらなく終わってしまうこともあるでしょう。そんな時、何か別のものから自分に注意を向けてもらうためには「んっ!」と言いこちらに注意を向けてもらうことが大切です。もちろん「んっ!」という声だけでは相手に意図は伝わらないので、ちょっとだけ口を出してキス待ち顔をしてみましょう。


甘えたい気持ちをアピールする

甘えたい気持ちをアピールすることもキスをねだる仕草の一つとしておすすめです。二人ともなんとなく暇な時間帯に「ねぇ、ちょっと構って~」や「甘えさせて~」とおねだりしましょう。普段から甘える=イチャイチャするという図式が出来上がっている二人なら、それだけでキスをしてもらえるはずですよ。


可愛くキスをおねだりしてみよう♡

キスをしたい時、どうせおねだりするなら可愛くするのがおすすめです。その方が、単にキスをするだけではなく彼との仲も深まるでしょう。キスをしたい気分になった時は、どうすれば自分が彼に可愛いと思ってもらえるのか考えながら、彼をたまらない気持ちにさせるようなおねだりをしてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/8 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます