三代目小林直己 不登校から芸能界へ 初の自伝的エッセイ11月発売

拡大画像を見る

 EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの小林直己(36)が11月24日に初のエッセイ本「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」(文藝春秋)を発売することが8日、分かった。

 EXILEと三代目を兼任し、海外の映画作品やパリコレ出演でも活動。初のエッセイ本には、不登校になった少年時代からAKIRAとの出会いがきっかけで芸能界に導かれたことなど現在までの軌跡をつづった。

 小林は「生きていると毎日のように訪れる大小さまざまな選択。僕が選択してきた道の上にはたくさんの奇跡がちりばめられていて、その奇跡を拾い集め、今を生きているということにこの本を書いて気付かされました。」とコメントした。

関連リンク

  • 10/8 20:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます