道具は全部100均にある! セルフネイルに挑戦しよう

拡大画像を見る

 手の指先は意外と人から見られている。普段はネイルサロンに通っている人も、手軽にできるセルフネイルにチャレンジしてみてはどうだろう。必要な道具はすべて100円均一ショップで揃うので、初心者でも簡単に爪を華やかにできるセルフネイルを楽しんでほしい。

●必要な道具は全部100均で揃う


 セルフネイルをするにあたって最低限必要な道具は、ベースコートとマニキュア、トップコート、除光液の4点だ。これらすべては100円均一ショップで入手できる。
 他にアレンジする際のネイルシールやシェル、ホログラムなどネイルアート用のパーツも100均で購入できる。シンプルにマニキュアを塗るだけもいいが、せっかくなのでパーツも使って自分だけのオリジナルネイルに挑戦してほしい。

●簡単セルフネイルに挑戦


 「ネイルは難しい」「お金が掛かる」というイメージを強く抱くかもしれないが、最近では道具を安く揃えられて初心者でも簡単にチャレンジできる。初心者でも気分転換にもってこいなので、ぜひこの機会にセルフネイルを楽しんでほしい。

●下準備


 下準備をするかしないかで、仕上がり具合は変わってくる。まずは40℃前後のお湯に指を5分程度浸けて温めてから甘皮の処理をすると、マニキュアがきれいに塗れる。
 温めた指は柔らかくなっているので整えやすい。わざわざお湯を用意するのが面倒なら、お風呂上がりにこの作業をすると血行も良くなり柔らかく整えやすい。
 プッシャーを使って押すことで余分な甘皮が出てくる。ここを、眉毛を整えるハサミで切れば爪の形が整い、失敗せずきれいにマニキュアが塗れる。プッシャーがなければ綿棒でも代用は可能。甘皮処理は思ってるよりも簡単な作業だ。
 甘皮処理が終わったら、爪の乾燥を防ぐためにキューティクルオイルでマッサージするといい。ネイルをする時以外にも普段からキューティクルオイルを使えば、爪の乾燥を防ぎ、いつもツルツルな爪でいられる。オイルがない場合は、ハンドクリームでも代用可能だ。

●ベースコートでネイルを長持ちさせる


 ただマニキュアを塗るだけでは、すぐに剥げてきてしまう。ベースコートは、爪の発色を良くしてくれる効果があるほか、爪表面のわずかな凸凹をならしてマニキュアを塗った時のムラを防ぐ効果もある。
 塗ったマニキュアを長持ちさせる効果もあるため、ベースコートはマニキュアを塗る際の必須アイテムといっても過言ではない。
 ベースコートは乳白色で、塗ると元々の爪色のムラを補修してくれる。伸びがいいので少量できれいに塗れるのもポイントだ。ベースコートを塗る時は、ハケが扇状になるように少し押し込む感じで塗るときれいに仕上がる。
 爪の真ん中から塗り始めて左右サイドを塗ればベースは完成だ。ベースコートの二度塗りは不要である。

●マニキュアは先端から塗る


 マニキュアの色は、自分の好みで選ぼう。筆者のおすすめカラーはベージュ系。色だけを見ると秋カラーだが、実は夏でも使えるカラーで、オフィスワークの女性もぜひ試してほしい。
 ダーク系カラーやベージュ系は、大人な女性を演出できるはずだ。
 マニキュアをきれいに塗るコツは、爪の先端から塗ること。先端を塗っておけば仕上がりや見栄えがグンと良くなる。
 マニキュアも、ベースコートと同じ要領で爪の真ん中から塗り、次に左右サイドを塗っていく。一度塗りではどうしてもムラが出てしまうため、完全に乾いてからもう一度塗るとマニキュアがきれいに発色する。
 二度塗りをする理由は、塗りムラを防ぐため。二度塗りすることで、マニキュアのムラを補修でき、マニキュア本来の色もきれいに出る。

●爪横の左右サイドの塗り方


 左右サイドを塗る時、どうしても爪横の皮膚にマニキュアがついてしまう。気を付けていても、このゾーンはなかなか難易度高めの箇所だ。
 ポイントになるのが、爪横の皮膚を指で押しながら左右サイドにマニキュアを塗ること。皮膚を押すことで、左右サイドの爪と皮膚の隙間もきれいに塗れる上に、マニキュアが皮膚に付くのを防げる。
 万が一皮膚に付いてしまっても心配はいらない。爪楊枝にコットンを巻き付けたオリジナル棒や綿棒に除光液を含ませ、皮膚に付いたマニキュアを丁寧に落とすことで仕上がりがきれいになる。

●トップコートで仕上げてキラキラネイルに


 最後の仕上げはトップコートだ。せっかくマニキュアをきれいに仕上げても、ここを忘れるとマニキュアの剥がれも早くなってしまう。トップコートで仕上げることで、キラキラで持ちのいいネイルが完成する。
 最近では、ジェルネイルをしたかのようなうる艶に仕上がるトップコートや、マットな質感になるトップコートも売られている。同じカラーのマニキュアを使用しても、仕上げのトップコートを変えるだけで印象を変えることもできるので実際に使ってみてほしい。
 なおベースコートと同様に、トップコートもネイルを長持ちさせる効果がある。

●ネイルシールを使ったアレンジ方法


 セルフネイルでも遊び心やインパクトを与えたい時は、ネイルシールやシールタイプのパーツを使う方法がある。全ての爪を同じ色に塗ってしまうのもいいが、そのうちの1本にだけネイルシールを貼るとインパクトを与えられる。
 ワンポイントのネイルシールやストーン、ラメ、シェルなど様々な種類があるので気軽に試してみよう。
 使い方は簡単で、貼りたい場所に貼るだけ。余分な部分はカットすればきれいに仕上がるし、ちょこっとだけ部分的に使うことも可能だ。
 ネイルシールも、全部の爪に貼るよりは数本だけにすると、逆に目をひく指先に変身させられる。
 親指はあえてラウンド形のネイルシールを使うことで、ガチャガチャしない仕上がりになる。大人カラーのマニキュアでも、ラメが入ることでさらにカラーを引き立ててくれる。

●1本だけ違うカラーもあり


 ネイルシールよりも簡単にインパクトを与えられる方法が、1本だけ違うカラーを塗ること。
 極端に言ってしまえば、10本の指のうち1本だけホワイトに塗る。すると、パッと見ただけでマニキュアの色が違うと分かるぐらいのインパクトになる。ネイルシールを使うより簡単な方法である。
 両手の薬指だけなど同じ指のカラーを変えるのもいいし、あえて左右違う指の爪のカラーを変えてみるのも、おしゃれ感がアップするのでおすすめだ。

●セルフネイルに挑戦して日常を楽しもう


 「今回はどんなネイルにしようかな?」などと考える時間も楽しめるセルフネイル。100均では、目移りしてしまうほど沢山の種類のマニキュアを取り扱っている。ダイソー、セリアなど同じ100均でも店によって取り扱いアイテムが違うので要チェックだ。
 初めてセルフネイルに挑戦する人でも簡単にできる方法を紹介した。まずは、ただ塗るだけのセルフネイルから始めるといいだろう。慣れてきたらシールやパーツなども取り入れてアレンジしてみよう。
 下準備を忘れずにすれば、仕上がりがグンと良くなり、初めて挑戦したとは思えないほどのクオリティに仕上がること間違いなしだ。時間を持て余すなら気分転換にセルフネイルに挑戦しよう。(GEAR)

関連リンク

  • 10/8 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます