すぎやまこういちさん逝去、ゲームファンの間で囁かれるドラクエ10で再会説

拡大画像を見る

 大人気ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を手掛けた作曲家のすぎやまこういちさんが、9月30日に敗血症性ショックのために亡くなっていたことが、10月7日にゲームメーカーのスクウェア・エニックスから発表された。

 すぎやまさんはドラゴンクエストの音楽を初代作品「ドラゴンクエスト」から担当。制作中の「ドラゴンクエスト12 選ばれし運命の炎」まで手掛け、多くの名曲を生み出した。

 それだけにゲームファンの衝撃は大きく、SNSには「ドラクエの音楽で育ったようなものなのにショックだ」「先生の曲があったからドラクエが好きになった」とその死を悼む投稿が次々と上がっている。

 そんな中、一部のゲームファンの間で噂されているのが「ドラクエ10ですぎやま先生に会えるのではないか」という説だ。「ドラゴンクエスト10」はコンソール版ドラクエとしてはシリーズ唯一のオンラインRPGで、12年にWii U版がリリースされ、その後プレイステーション4やニンテンドースイッチ版も登場。現在もサービスが続いている。

「ドラクエ10オンラインの追加パッケージ『天星の英雄たち』が11月11日にリリースされます。これは『天星郷フォーリオン』を舞台に、英雄たちとの出会いを描いた物語。案内役として天使が登場し、フォーリオンは天界を思わせる設定になっている。そのため、すぎやま先生が登場するのではと噂されているんです。これには登場してほしいという希望も含まれています」(ゲームライター)

 オンラインゲームはネットワークを通じてこまめにバージョンアップすることができる。ぜひドラクエ10にすぎやま先生を登場させてほしいものだ。

関連リンク

  • 10/8 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます