日本軽種馬協会が米G1勝ちのミスチヴィアスアレックスを新種牡馬として導入

 日本軽種馬協会は8日、2021年カーターH(米G1)など重賞4勝をあげたミスチヴィアスアレックス(Mischevious Alex、牡4)を新種牡馬として導入することになったと発表した。2019〜20年に米国リーディングサイアーとなったイントゥミスチーフの直仔としては日本初供用となる。

 ミスチヴィアスアレックスは父Into Mischief、母White Pants Night、母の父Speightstownという血統。現役時代は圧倒的なスピードを武器に活躍し、2着につけた着差は計30馬身以上。

 2021年にカーターH(米G1)とガルフストリームパークスプリントS(米G3)、2020年にはゴーサムS(米G3)、スウェイルS(米G3)と重賞4勝を挙げた。通算成績は15戦7勝、2着1回、3着2回。

 今後、アメリカにて輸出検疫を実施し、日本には11月上旬に輸入。輸入検疫後、11月中旬に供用場所となる日本軽種馬協会静内種馬場に到着することになっている。

(日本軽種馬協会のホームページより)

関連リンク

  • 10/8 17:34
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます