【地方競馬】佐賀の飛田愛斗騎手が約19年ぶりに新人騎手最多勝利記録を更新!

拡大画像を見る

 2020年10月3日にデビューした飛田愛斗騎手(佐賀・三小田幸人厩舎)が、約19年ぶりに新人騎手の最多勝利記録を塗り替えた。

 これまでの記録は、金沢・吉原寛人騎手が持っていた110勝。飛田騎手は計127勝をマークし、従来の記録を大幅に更新した。

【初騎乗日から1年間(初騎乗日を含む)での勝利数記録】
・飛田愛斗騎手(佐賀) 127勝(2020年10月3日〜2021年10月2日)
・吉原寛人騎手(金沢) 110勝(2001年4月7日〜2002年4月6日)
・御神本訓史騎手(大井) 103勝(1999年4月10日〜2000年4月9日)

【飛田愛斗騎手プロフィール】
 2002年8月1日生まれ、熊本県出身。2020年10月3日佐賀4Rでデビュー(キュウシュウダンジ)、初勝利は同年10月18日の佐賀7R(アメジストヴェイグ)。

 2021年6月27日の佐賀9R(ニンジンムスメ)にて、100勝達成。デビューから268日目での達成は、記録の残る1973年4月以降では、地方競馬最速。

(佐賀県競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 10/8 13:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます