「全国高校生地方鉄道交流会」開催記念!地方鉄道8社コラボの硬券セットが限定発売

拡大画像を見る


富士急行が、10月9日(土)から数量限定で「全国高校生地方鉄道交流会 開催記念硬券セット」を発売する。このセットは11月23日(火・祝)に第10回「全国高校生地方鉄道交流会」が富士急行線で開催されるのを記念したもので、これまで交流会を受け入れてきた地方鉄道8社がコラボしている。

全国高校生地方鉄道交流会

「全国高校生地方鉄道交流会」は、鉄道事業者や地方住民、学校団体との交流を深めることを目的に、全国の鉄道研究部などに所属する学生たちが開催地方に赴き、鉄道をはじめとする交通事業者を利用・研究するのみならず、鉄道を軸とした地方の町を活性化させる案を提言する取り組み。60年以上の歴史を持つ私立成城中学校・成城高等学校鉄道研究部が母体となって、2012年から毎年開催されている。

地方鉄道の魅力が詰まった一冊!

今回発売される記念硬券セットは、各社の沿線風景や代表的な車両の写真とそれぞれの紹介文が書かれた台紙に、各社のロゴマークを地紋にあしらうなど、8社それぞれの特徴をいかしたデザインの硬券が付いた、地方鉄道の魅力が詰まった一冊だ。

コラボしたのは、秋田内陸縦貫鉄道、一畑電車、鹿島臨海鉄道、三陸鉄道、東京モノレール、のと鉄道、北海道旅客鉄道、富士急行の8社。

価格は2,200円(税込)。公式オンラインショップ「富士急のりもの百貨店」のほか、富士急行線「都留文科大学前駅」、秋田内陸線「阿仁合駅」観光案内窓口、大洗鹿島線「大洗駅」売店、三陸鉄道リアス線「宮古駅」駅前売店「さんてつや」で販売される。

※オリジナル硬券は乗車券類ではなく、駅構内・客車内に立ち入ることはできない。

  • 10/8 17:19
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます