脈アリオーラを出しているのに本命感がない!【草食系男子の心理】とは?

拡大画像を見る


男性から「僕もあなたのこと好きなんです」というオーラが出ているのに、なかなか告白されないと戸惑ってしまうでしょう。「本当に私のこと好きなの?脈アリのオーラを出しているだけで本命は他にいるんじゃないの?」と言いたくなるかもしれません。ですが、そのように脈アリのオーラを出すだけで一歩進めないのが草食系男子の特徴です。なぜ草食系男子はそんなにも奥手なのでしょうか。草食系男子の心理を解説します。


自分で決定的なことを言うのは怖い

決定的な告白をするということは、二人の恋愛に責任を持つ必要があります。もちろん男性だけが責任を負うわけではありませんが、なんとなく先に告白したほうが責任を取る必要があると考える人は多いでしょう。草食系男子は、そのように思われるのを恐れます。そのため、自分で責任を取りたくないからこそ告白はしないのです。ですが彼女がほしいという気持ちはあるから、脈アリのオーラだけは出しているのでしょう。


告白する勇気が出ない

責任などと難しいことを考えなくても、単に勇気が出ないから告白しない草食系男子もいます。告白といっても単に「好き」というだけではありません。LINEで言うのか直接言うのか、どのタイミングがいいのか、返事をもらうのはいつがいいのかなど、色々と考えすぎてしまうのが草食系男子です。その結果、どうやって告白すればいいのか分からずに告白できない人も少なくはありません。


女性の気持ちが読めない

女性側は「私たちは両想いだなぁ」と思っていても、それは恋愛経験がある程度あるから分かることです。草食系男子は女性の気持ちに疎いだけではなく、今まであまり恋愛してこなかった人も少なくはないため、女性の気持ちがあまり分かりません。そのため両想いということ自体に気付いていない可能性があるのです。だからこそ「告白なんてまだまだ早い!」と思い込み、告白してくれない可能性もあります。


草食系男子からの告白は待つだけ無駄かも...

女性としては男性から告白されたいと考える人が多いかもしれませんが、相手が草食系男子の場合は待っていてもなかなか告白してくれません。場合によっては時間を無駄にしてしまうリスクもあるので、草食系男子と両想いの雰囲気があるときは自分から告白するのもアリですよ。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/8 17:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます