千葉真一さん四十九日法要 父の眠る墓に納骨へ 真瀬樹里が喪主

拡大画像を見る

 新型コロナウイルス感染による肺炎のため8月19日に亡くなった俳優の千葉真一さん(本名・前田禎穂 享年82)の四十九日法要が8日、千葉県君津市で営まれた。

 長女の女優・真瀬樹里(46)が喪主を務め、千葉さんの姉妹、親族、千葉さんが設立したJACのメンバーらが参列した。

 所属事務所によると、相続人、親族の総意により、千葉さんは亡き父の眠る、同市内にある前田家の墓に納骨されるという。

関連リンク

  • 10/8 16:50
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます