Jリーグ、9月のMVPを発表…記録樹立の名古屋守護神、長崎で爆発したエジガル・ジュニオらが受賞

拡大画像を見る

 明治安田生命Jリーグは8日「2021明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP」の9月度の受賞選手を発表した。

 明治安田生命J1リーグの月間MVPは名古屋グランパスのGKランゲラックが受賞。88.9パーセントのセーブ率を誇り、無失点試合の新記録樹立に貢献した守護神がMVPに輝いた。

 同選手は受賞に際し「KONAMI月間MVPに選出いただき光栄です。まずJ1リーグにおける無失点試合の新記録を樹立できたのはチームメイトのおかげですし、この賞も自分ひとりでいただけたものではありません。いつも自分を支えてくれる家族、そして共に闘う、監督・コーチ・チームメイト・クラブスタッフ・グランパスファミリーに感謝します。シーズンも終盤になりますが、いつも通り全ての試合にベストを尽くして頑張ります!」とコメントしている。

 明治安田生命J2リーグでは、V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが受賞。Jリーグ選考委員会の原博実委員も「好調の長崎を牽引。厳しい日程の中7ゴール1アシストは文句なし」と手放しで称賛。明治安田生命J3リーグの受賞者はテゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人が受賞した。

 また、Jリーグは月間最優秀監督賞も発表。J1は首位をひた走る川崎フロンターレの鬼木達監督が受賞した。J2は5試合3勝2分得点14失点6で9月を終えたV・ファーレン長崎の松田浩監督が、J3はロアッソ熊本の大木武監督が受賞した。

関連リンク

  • 10/8 16:30
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます