夏木マリ 鈴木京香とツーショット「おかえりモネ」今後の共演場面期待の声集まる

拡大画像を見る

 女優の夏木マリが8日、インスタグラムを更新。NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で清原果耶演じるヒロイン・永浦百音の母、亜哉子を演じる女優、鈴木京香とのツーショット写真をアップした。

 同作で夏木は、百音が高校卒業後に住んだ内陸の登米市の山主、サヤカを演じている。気仙沼在住の亜哉子と顔を合わせるシーンはなく、夏木と鈴木が共演することもいまのところない。

 この日の写真には「今日は亜哉子さんほっとしてよかったですね」とドラマで元教え子と心を通わせ、過去に区切りをつけることできたことを喜び、「京香さんとは最後に会えました」と“奇跡の顔合わせ”を表現した。

 フォロワーからは、「豪華なツーショット」「わぁ~ツーショットうれしい」「サヤカさんと亜哉子さん…とても素敵なツーショット」という声とともに「サヤカさんが永浦家の面々と会うシーンがあるということでしょうか 楽しみです!」「この後、サヤカさんの出番を期待しています」「サヤカさん、そろそろ出てほしいです」と今後の共演シーンを期待する声が集まった。

関連リンク

  • 10/8 16:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます