折りたたみ式ブルートゥースキーボード 3台までデバイス接続できる

拡大画像を見る

家電やPC周辺機器などを手掛けるサウザンドショアス(東京都千代田区)は、プライベートブランド「iClever」からビジネスシーンに最適な折りたたみ式Bluetoothキーボード「IC-BK26」を2021年10月6日に発表した。

コンパクト設計

Windows、Android、iOS、Macに対応し、最大3台までのデバイスをBluetooth接続で同時にペアリングすることができる。指定のBluetooth接続ボタンをプッシュするだけで簡単に使用デバイスを切り替えることが可能だ。接続するとOSが自動で識別されるので初期設定は不要。また、一度ペアリングした端末は次回の起動時に自動接続できる。

持ち運びに便利なコンパクト設計の2つ折り式。折りたたんだ状態でも24ミリの薄さで185グラムと超軽量を実現した。キーボードの外装はABS素材を採用することで、強度があり耐久性にも優れている。

さらに、角度調節が可能なスタンドを付属しており、スマートフォンやタブレットの視聴や入力をサポート。Type-C充電式キーボードのため、電池の交換は必要ない。2時間の充電で約60時間の連続使用ができる。オートスリープモードを搭載しているため、節電もでき外出先でも長時間の使用が可能になっている。

価格は3580円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/8 16:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます