東京駅八重洲口に“食の未来を考える”野外フードコート「Beeat!!八重洲」がオープン


“食の未来を考える”野外フードコート「Beeat!!八重洲(ビートやえす)」が、10月8日(金)、東京駅八重洲口正面にグランドオープンする。

“おいしい食の未来”を体験&楽しめる場


2022年3月末までの期間限定でオープンする「Beeat!!八重洲」は、“おいしい食の未来”を体験・楽しめる場。


“食の未来につながるものがたりの発信”というコンセプトに共感した企業が多数出店し、キッチンカーで食べ物や飲み物などを販売する。


また、昨今問題となっているフードロスなど「食」にまつわる課題を「テクノロジー」で解決する様々な取り組みなども体験できる場所になっている。

新食材を使ったヘルシーメニューなどが登場


「Beeat!!八重洲」は、キッチンカーでの店舗、テーブルや椅子、ベンチ、タープなどを設置したオープンスペースで、新食材を使ったおいしくてヘルシーなテイクアウト、規格外の野菜や植物工場生産の野菜、環境に配慮した容器の採用、「未来の食」をテーマにしたイベントなどを実施予定。

さらに、「食」に関する大学生からの提言やアートによる表現も発信する。

バラエティ豊かな出店店舗


出店するのは、大豆を主原料とした「ダイズライス」を使ったメニューを提供する「フジッコ」や、


野菜摂取レベルを測定できる「ベジチェック」を会場に設置する「カゴメ」、


規格外野菜や100%植物工場育ちの「京橋レタス」をバーニャカウダソースで味わえる「アマン東京」、


本格中華が楽しめる、東京八重洲に本店を置く老舗「泰興楼」など。


その他、「食」をテーマとしたショートフィルムの上映なども予定。楽しいコンテンツが続々登場する「Beeat!!八重洲」に立ち寄ってみて!

■Beeat!!八重洲
住所:東京都中央区八重洲1-9-9東京駅八重洲中央口正面

画像をもっと見る

  • 10/8 14:41
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます