ダン・スティーヴンスがアンドロイドに!『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』1月公開へ

拡大画像を見る

来年度(2022年度)のアカデミー賞国際長編映画賞・ドイツ代表に選出されたロマンティック・アンドロイドムービー『I’m your man』(原題)が、邦題『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』として、2022年1月14(金)より全国公開されることが決定。併せて、シーン写真1点が解禁された。

ベルリンのペルガモン博物館で楔形文字の研究に没頭する学者アルマは、研究資金を稼ぐため、とある企業が極秘で行う特別な実験に参加することに。そこに現れたのは紺碧の瞳でアルマを熱く見つめるハンサムなトム。初対面にもかかわらず積極的に口説いてくる彼は、実は、全ドイツ人女性の恋愛データ及び、アルマの性格とニーズに完璧に応えられるようプログラムされた高性能AIアンドロイドだった――。

抜群のルックスに穏やかな性格と豊富な知識、ロマンチックなエスコートで難攻不落のアルマに恋を仕掛けるアンドロイド・トムを演じるのは、『美女と野獣』、「ダウントン・アビー」で観客のハートをつかんだダン・スティーヴンス。トムに尽くされても素直になれないアルマは、『es[エス]』や『ヒトラーを欺いた黄色い星』など、ドイツで活躍するマレン・エッゲルトが演じる。

ダン・スティーヴンス -(C) Getty Images

また監督は、現在セクハラと性的暴行事件を繰り返したハーベイ・ワインスタインの行状を暴く『She Said(原題)』を撮影中で、ドラマ「アンオーソドックス」では超正統派ユダヤ教徒のコミュニティから逃亡する女性を描き、プライムタイム・エミー賞を受賞したマリア・シュラーダーが務めている。

本作でトムに課されたミッションは、“アルマを幸せにすること”ただひとつ。たった3週間の実験期間で、献身的でロマンチックなトムのアルゴリズムは、過去の傷から恋愛を遠ざけてきたアルマの心を変えることが出来るのか。本作は、クスっと笑えてほんのりビターなラブロマンスに仕上がっている。

『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』は2022年1月14(金)より新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/8 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます