【脈アリなのにLINEでは塩対応】気になる理由を男性心理から完全解説!

拡大画像を見る


話していると親切でデートにも誘ってくれるのに、LINEをしているときは「うん」などの簡単な返事しかくれなかったり、それどころか既読スルーしたりする男性もいます。そういう男性と関わっていると、男性に好かれているのか、それとも嫌われているのか分からずに気持ちが振り回されてしまうでしょう。では、話しているときに脈アリの反応を見せるのに、どうしてLINEでは塩対応をしてしまうのでしょうか。女性が思い悩んでしまいがちな、分からない男性心理を分かりやすく解説していきます。


戸惑う女性の様子を見るのが好き

話しているときは楽しくLINEをすると悲しむのは、実は男性の思うつぼかもしれません。男性は女性の戸惑う様子を見たくて、あえて話すときとLINEで態度を変える場合があることは覚えておいた方がよいでしょう。自分の態度で振り回される女性を見て「この女性は俺のことが好きなんだな」という気持ちを実感したいからこそ、場合によって態度を大きく変えてくるのです。


LINEで気持ちを伝えるのは避けたい

LINEで楽しく話していると、恋バナに発展することもあるでしょう。そうすると、会話の流れで告白しないのが不自然になってしまうこともあります。しかし、「告白は直接したい!」という考えの男性にとっては、それは不都合なことです。そのため告白しなければならない状況を避けるために、会話が盛り上がらないようにわざと塩対応にしているのです。


自分では優しくしているつもりの場合も!

女性からは塩対応に思えても、実は男性は優しくしているつもりのケースもあります。たとえば、男性からLINEをもらっても、スタンプや絵文字がないから塩対応だと勘違いする女性は意外と多いと言われています。しかし、それは男性の通常対応かもしれません。LINEの見た目ではなく、頻度や内容に注目することも大切ですよ。


LINEだけで相手の気持ちを判断しないように注意して!

LINEで塩対応されると、脈ナシだと思ってしまいがちです。しかし、LINEはあくまでも相手の一部。それだけで判断してはいけません。相手の気持ちは、LINEだけではなく普段の接し方などからも総合的に判断するようにしましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/8 14:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます