東野幸治「次の解散危機コンビは誰か」と興味津々 『ゴッドタン』佐久間氏が撮るなら流れ星☆か?

拡大画像を見る

放送後、さまぁ~ずの三村マサカズは「我々も仲がいいコンビと言われてますが、紙一重だと思います。今回のオンエアを観て、相手を敬う。そしてくさす。微妙なさじ加減が、一生つ続くのだな!! と覚悟しました」(原文ママ)と自戒を込めてツイートした。またEXITのりんたろー。は「水曜日のダウンタウン見て泣いたのも、漫才見て泣いたのも初めてでした」と明かし、「才能あるのに去っていった人も沢山いるし、ダウンタウンさんみたいにあのお年までお二人でやってる方が奇跡なのかもしれない」とコンビで漫才を続けられることへの感謝を綴っていた。

そんななか東野幸治は「芸人さんの解散? ドキュメンタリーは辛いです」と真面目なツイートをした後に、「ってなってくると雨上り(加地さん)おぼんこぼん師匠(藤井さん)ときたら次は佐久間さん? 誰撮るの?」と疑問を投げかけている。「加地さん」は8月17日にABEMAと吉本興業公式YouTubeチャンネルで配信された『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』を手がけたテレビ朝日プロデューサー・加地倫三氏のことだ。「藤井さん」は『水曜日のダウンタウン』の演出を手がける藤井健太郎氏、そして「佐久間さん」は『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』を手がける佐久間宣行氏である。

リプライ欄では東野の声を受けて、様々なコンビの名が挙がっている。一番多いのは、『ゴッドタン』の企画「腐り芸人セラピー」にすでに登場している流れ星☆だった。2020年11月の放送では、日頃からお互いが「相方に足を引っ張られている」と主張する2人の壮絶な言い争いが繰り広げられた。一応、番組の最後に「これからも2人で流れ星☆としてやっていこう」と誓ったのだが、続編を期待する声が見受けられるのだ。また“おぼん・こぼん”仲直りプロジェクトで尽力したナイツの塙宣之は、7日放送のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)で「水面下ではもう、Take2で動いていると思うんですけどね」などと発言している。しかし現在は各々で活動している“東MAX”こと東貴博、深沢邦之のコンビ復活はおぼん・こぼんより難しそうである。

画像2枚目は『おぼん 2021年10月7日付Twitter「水曜日のダウンタウンおぼんこぼんファイナル翌日の東洋館」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 10/8 13:54
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます