鈴木京香 突然チューバッカものまねで「ウォー」も「全然中途半端」と赤面

拡大画像を見る

 女優の鈴木京香が8日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に登場。愛犬の説明をする際に、スターウォーズの人気キャラ・チューバッカのモノマネを突然披露するも、黒柳徹子に伝わらず「中途半端で…」と赤面した。

 鈴木はトークの中で愛犬との出会いを告白。三谷幸喜の芝居に出た際に、三谷が連れてきたベルジアン・グリフォンという犬に一目惚れしたといい、「あまりに私がいじるものですから、三谷さんが覚えていて下さって、舞台が終わった時に同じブリーダーの方のところに子犬が生まれたよと。ご縁だし、ぜひその犬を飼わせていただけないかと。北海道からやってきた」と説明した。

 黒柳が「どんな犬?」と質問。鈴木は目を輝かせて「鼻ペチャで、目がグリグリしてて…」というと、「スターウォーズのチューバッカってご存じですか?」と言いだし、突然「ウォー」とものまねを始めた。

 だが黒柳には伝わらず。鈴木は「ものまねが出来ない。全然中途半端なものまねでごめんなさい」と赤面謝罪。改めて「チューバッカっていう宇宙人に似ているんです」と説明した。

 その愛犬との暮らしも7年目。「かわいいです。三谷さんには素敵な作品に出させて頂き感謝しているが、犬を紹介してくれたことも感謝。この犬がいない生活は考えられない」ともコメント。また三谷から送られた「犬を亡くした時の寂しさは犬でしか埋められない」という言葉も紹介していた。

関連リンク

  • 10/8 13:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます