映画版「ピーキー・ブラインダーズ」の製作は2023年に開始 スピンオフドラマ製作の可能性も

拡大画像を見る

キリアン・マーフィー主演ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」の今後について、クリエイターのスティーヴン・ナイトが「BFIロンドン映画祭」のパネルで語った。

ナイトによると、同ドラマの最終章となるシーズン6の撮影は完了しており、編集もほぼ終了。2022年春の放送が予定されている。「これから映画版の脚本を書きます。舞台も撮影地もバーミンガムになる予定です。映画版をもって、『ピーキー・ブラインダーズ』は完結するということになりそうです」と明かした。映画版の製作は2023年に開始するという。

また、「ピーキー・ブラインダーズ」の世界に“関連したドラマ”(“スピンオフ”という言葉が好きではないというナイトによる表現)の製作も示唆。実際にスピンオフドラマが作られるとしても、ナイトは必ずしも指揮を執る必要があるとは考えておらず、むしろ「だれかにバトンを渡したい」と考えているとのこと。

「ピーキー・ブラインダーズ」は、1890年代から20世紀初期に実在した同名のギャングの物語。2013年から放送されており、トム・ハーディエイドリアン・ブロディサム・クラフリンアニャ・テイラー=ジョイらが出演しているシーズンもある。



(Hiromi Kaku)


■関連作品:
【Netflix映画】ブライト 2017年12月22日よりNetflixにて全世界同時オンラインストリーミング

【Netflix映画】マッドバウンド 哀しき友情 2017年11月17日よりNetflixにて全世界同時配信

【Netflixオリジナルドラマ】オルタード・カーボン 2018年2月2日より全世界同時オンラインストリーミング
2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミング
【Netflix映画】レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-


関連リンク

  • 10/8 12:45
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます