夫のパパ活報道で修復不能!? 長谷川京子の「離婚危機」がアノ人気女優に飛び火

拡大画像を見る

 女優の長谷川京子(43)がYouTubeを開設して1本目の動画をアップしたのは2020年6月のこと。「自宅キッチン初公開」と題し、頭にターバンを巻いて料理動画をアップした際には《こんな美人の奥さんがいてうらやましい》などと羨望のコメントが相次いでいたが、まさかその夫が「パパ活」に走っていたとは…。

 10月8日発売の「FRIDAY」が報じたのは、人気ロックバンド・ポルノグラフィティの新藤晴一(47)に降りかかった「パパ活疑惑」だ。マッチングアプリを介して新藤と知り合った20代のOLの証言によれば、4月下旬、焼き肉店で一度だけデートを楽しんだという。

 新藤は身分を「会社役員」と偽っていたが、20代女性にはバレバレだったようだ。メッセージのやりとりが続く中、「新藤さんですよね?」と送信したところ、「ぜひ内密に」と秘密保持を懇願する文面が届いて連絡が途絶えたという。やりとりの過程で「大人のスキンシップ」をほのめかしていたことから、「不貞未遂」とも言えるスキャンダルだが…。

「新藤さんは記者の直撃取材に対して『ないですね』とキッパリ否定していますが、もし事実ならば、すでに別居報道が出ていることもあって、離婚は決定的と言えるでしょう。じつは妻・長谷川京子さんとの不仲がささやかれ始めたのが今年8月。『アッコにおまかせ』(TBS系)で、番組恒例の芸能情報イニシャルトークがオンエアされました。そこでは、スポーツ紙の編集委員が人気女優とアーティストが離婚すると暴露。これが長谷川さんと新藤さんではないかと一部で指摘されていたので、もし、このまま離婚となれば、ある意味、“予言”は的中したことになります」(芸能記者)

 この番組のイニシャルトークで取り上げていた、もうひとつの離婚ネタが、「ベテラン芸人と女優夫婦」。「夫婦関係を妻が続けたい一方で、夫の芸人が離婚を切り出すのでは?」という噂を伝えている。

「番組で取り上げたもうひと組の芸能人夫婦がもしアノ女優とベテラン芸人ならば、あり得ない話ではありません。夫の芸人はスキャンダルが発覚して以降、謝罪会見を開いたものの、表立った活動を再開させる気配もなく、いまだ“主夫”として妻を支える生活。スキャンダルの内容があまりに悪いため、別離を選択したほうがお互いの仕事にプラスになるという意見もよく耳にします」(前出・芸能記者)

 夫の「パパ活疑惑」が報じられても、ハセキョーの美ボディと人気は健在。新しい一歩を踏み出してもYouTubeなどでファンの目を楽しませてほしい。

関連リンク

  • 10/8 12:51
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます