アメリカ発コーヒー機器ブランドbrewistaから ガラスサーバーとドリッパーが日本上陸!

拡大画像を見る

 スピンは11月1日に、コーヒー器具ブランド「brewista」から、「Tornado Duo Double Wall Glass Dripper」と「Glass Server」を発売する。また、一般発売に先がけて、公式サイトでの先行販売も行っている。

 「Tornado Duo Double Wall Glass Dripper」は、ダブルウォールガラスのドリッパーで、内部には18のリブを備えており、竜巻のような構造で下に行くにつれて徐々に直線になり、スペシャルティコーヒーならではの果実感や透明感を最大限に抽出できるように計算されている。また、ダブルウォールガラスなので、抽出直後でも熱くならず、火傷の心配がない。
 1~2杯用で、価格は7150円。
 「Glass Server」は、多角形のインナーベースを内蔵したワイドなデザインで、デカンタの機能性と形状から着想を得て、最初の1杯から最後の1杯まで、同じ味わいで楽しめる。また、ビター感が抑えられた甘さのあるコーヒーを抽出可能となっている。
 容量は400ml。カラーは、クリア、ブルーの2色。価格は4400円。

関連リンク

  • 10/8 13:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます