『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』敵はレッドリボン軍 新キャラ登場の最新映像解禁

拡大画像を見る

 2022年に劇場公開される『ドラゴンボール超』シリーズ最新作『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』より、最新映像と新ビジュアルが解禁された。

 本作は、鳥山明による漫画『DRAGON BALL』を原作とした劇場アニメ最新作。鳥山が自ら脚本を執筆し、新たに生み出されたストーリーに、キャラクターデザイン、セリフの細部に至るまでディテールにこだわった内容になっている。

 これまで悟空が登場する特別映像のみが解禁されていたが、物語の一端が垣間見える鮮烈な最新映像と新ビジュアルが、ポップカルチャーの祭典ニューヨーク・コミコンのパネルディスカッションで現地時間10月7日に解禁。英語版の声優を務める、ウィス役のイアン・シンクレア、ブルマ役のモニカ・ライアル、さらに東京から中継でエグゼクティブプロデューサーの伊能昭夫、プロデューサーの林田師博が登場。「世界初公開の映像をファンのみなさまにお見せする」と話し、会場を大きな熱気に包んだ。

 公開された映像の冒頭では新キャラも登場。紫スーツ姿の男が、赤いスーツ姿の男2人に何やら送迎されており、サンディエゴ・コミコンでビジュアルのみ解禁された赤と青のマントをつけた黄色いスーツ姿の2人組“ガンマ1号”“ガンマ2号”が孫悟空、ベジータ、魔人ブウの姿が映し出されたモニターを見上げている。

 紫スーツ姿の男が手に持つカップや、赤いスーツの男の胸、ガンマ2号の左腕には、見覚えのある左右対称の赤い三角形の中にRRの文字も確認できる。これは、シリーズ初期に登場し、悟空が壊滅させたあの世界最悪の軍隊“レッドリボン軍”のエンブレム。伊能は、「このキャラクターたちは物語の重要人物」と明かしている。

 中盤からは、成長したパン、攻撃を受けるピッコロ、そして孫悟空とおなじみのキャラクターたちも登場。伊能は「ピッコロがパンに稽古をつけている。意外なキャラが大活躍というのはこのあたりを指します」と、5月9日の鳥山明のコメントに言及した。

 発表後、会場にはアフレコを終えたばかりという孫悟空役の野沢雅子、ピッコロ役の古川登志夫からビデオメッセージも。野沢は「今までの劇場版とちょっと違うのは、悟飯一家のことも描かれること」と内容を明かす。さらに「レッドリボン軍が出てくるんです。嫌ですね、なんて姑息なことをしてくるんだ、許せない」と、孫悟空さながらのコメント。

 古川は、「ピッコロは今回出番が多いです。特にパンちゃんに対しては、まるで孫をかわいがるおじいちゃんのようであると同時に、ある場面では師匠のよう。演じていて楽しかった」とアフレコを振り返った。

 最後に野沢は「世界中のドラゴンボ―ルファンの期待を、遥かに超える作品になっています!」、古川は「鳥山明先生が脚本はもちろん、あらゆる場面で大きく関わってくださっているので、仕上がりがいいのは当然です!」とコメントし、会場を沸かせた。

 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は、2022年全国公開。

関連リンク

  • 10/8 10:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます