SnowMan目黒蓮&なにわ男子・道枝駿佑ダブル主演ドラマ『消えた初恋』主題歌のスノ新曲『Secret Touch』が解消!?グループ内「深刻歌格差」!

拡大画像を見る

 10月7日放送のラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)でSnow Manの新曲『Secret Touch』が初解禁された。

 同曲は、メンバーの目黒蓮(24)と関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑(19)がダブル主演を務める10月9日スタートのドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の主題歌に採用されたことが発表されていた。

 新曲を聴いたファンからは「Secret Touch凄くいい! 今までにない感じ」「歌割り割と満遍なくてそれもイイ」「私の耳が正しければ 歌割り素晴らしくなかったです?」「Secret Touch歌割り改善された!? 運営やっと話聞いたね〜」と絶賛の声が多数上がっている。

「Snow Manの新曲がラジオで初解禁された際、過去には賛否の声が上がることが多かったんです。それは誰がどのパートを歌うか、誰がハモリを担当するかという“歌割り”が平等ではない、納得いかないと感じるファンが多かったから。

 ただ、今回の『Secret Touch』はメンバー9人の声が“平等に聞こえる”ということで多くのファンが納得しているようですね」(女性誌ライター)

■「6人がちょうどよかった!」という声まで……

 5月14日放送の『素のまんま』で新曲『HELLO HELLO』が初解禁された際には、「Snow Manっていつから目黒向井岩本渡辺の5人グループになったの? ハロハロの歌割り完全にこの5人だけだったよね?笑 ふざけるのも大概にしてほしい」「は? 深澤は? 宮舘は? 阿部は? 佐久間は? 全然声聞こえなかったんだが?」「歌割り見て申し訳ないけど聞く気失せた」といった不満の声が噴出。

「『HELLO HELLO』では、ラウール(18)、渡辺翔太(28)、岩本照(28)、向井康二(27)、目黒の声だけが聞こえて、深澤辰哉(29)、宮舘涼太(28)、佐久間大介(29)、阿部亮平(27)の声が“まったく聞こえない”と批判の声が上がってしまったんです」(前出の女性誌ライター)

 9月16日の『素のまんま』で1stアルバム『Snow Mania S1』の収録曲『Delicious!!!』が解禁された際にも、「あべふかだてがパートないのって。答えろ。マジで、何考えてんの」「相変わらずの歌割りで笑えない。これはほかのアルバム曲にも期待できないな」「だてふかあべの3人がち歌割り少ねー、ソロパくれよ」「6人がちょうどよかった! 3人増えてこんなにバランス崩して! ふざけんじゃねーよ!」といった声が上がってしまった。

「『Delicious!!!』では深澤、宮舘、阿部の歌割りが少ないと感じるファンが少なくなかった。さらに、向井、目黒、ラウールがグループに加入する前の“6人時代のほうがよかった”という声まで上がってしまったんです。

 たしかにSnowManは9人組ですから歌割りを平等にするのはたしかに難しそうです。そのため、これまでは深刻な“歌割り格差”があった。だからこそ、これまで新曲を解禁するたびに不満の声が噴出してしまっていた。しかし、『Secret Touch』では9人の声が平等に聞こえるということで、多くのファンも納得しているんでしょうね」(前同)

 ファンも納得の新曲『Secret Touch』。ドラマ『消えた初恋』では劇中、どのような場面で流れるのだろうか、ドラマのスタートを楽しみに待ちたい!

関連リンク

  • 10/8 11:57
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます