相葉雅紀、フジ『VS魂』で「サンボマスター楽曲」メンバー主題歌案「やる気満々素振り」に「結婚よりもショック」の声が飛んだワケ!

拡大画像を見る

 9月28日に嵐の櫻井翔(39)とそろって結婚を発表した嵐の相葉雅紀(38)が、新しい動きを見せた。

 10月7日の『VS魂』(フジテレビ系)の終盤、番組スタッフが相葉の楽屋を訪れるVTRが放送された。そこで番組の“主題歌プロジェクト”の存在が明らかになった。

「今回の番組では、9月9日に放送されたレギュラーメンバーとゲストチームが廃校でさまざまなゲームを行なう『スクールサマーウォーズ』と題した企画の収録の後、相葉、風間俊介(38)、ジャニーズWESTの藤井流星(28)、King&Princeの岸優太(26)、SexyZoneの佐藤勝利(24)、ジャニーズJr.内のグループ・美 少年の浮所飛貴(19)のレギュラーメンバー6人で行なわれたホームルームのシーンが流れました。そこで相葉が“主題歌。このメンバーでやって、『FNS歌謡祭』に出よう”と『VS魂』の主題歌をレギュラーの6人でやりたいとの提案を出していたんです。

 この相葉の提案が本気なのか、それを確かめるべく、今回の放送ではスタッフが相葉の楽屋を訪れていました」(テレビ誌ライター)

 相葉は、スタッフの意思確認に「本気よ、本気!」と話し、「今までやってきてないことに挑戦していきたいと思っていたから。『VS嵐』時代からも含めて、主題歌はやってきてないし、それがあったら魂メンバーとしての団結感も出るし、番組も盛り上がったらいいですよね」との思いを話した。

■歓喜の声が上がる一方「主題歌プロジェクト決まるとモヤる」

 今回の放送では、相葉が「この番組のテーマは戦いだし、視聴者の方も日々何かと戦っているから、みなさんをちょっとでも勇気づけることができたら」との理由から、楽曲提供を人気ロックバンド・サンボマスターにしてもらいたいとの希望まで口にしていた。

「主題歌プロジェクトに相葉は、本当にやる気満々のようでした。視聴者からも“相葉くんの歌を久々に聴けるから嬉しいね”などと、ネットにも喜ぶ声が多く寄せられていました」(女性誌記者)

 しかし、主題歌プロジェクトに対しては喜びの意見でなく、「相葉くんの歌を待ってるファンもいるんだろうから。でもごめんね。変だけど、結婚よりもショックだったよ、私は。勝手に歌っちゃダメなんだと思ってた私が悪いのよね」「歌はちょっと違うんじゃあないかい? 相葉くん」「相葉さんの歌聴きたいってずっと思ってたし魂メンバーで歌ってほしいってツイにも共感してたけどいざ主題歌プロジェクト決まるとなんかモヤる」「6人で歌ってくれるのは嬉しい。しゅん君の生歌も相葉ちゃんの歌も。でも嵐5人ではないんだって思うと、本当にいいのぉ?って思っちゃうよね」「相葉さんが歌ってる姿とっても楽しみにしてます。願わくば、次聞く時は嵐としてが良かった気持ちもあるけどね」といった声も上がっているのだ。

「嵐の活動が休止している中で、嵐のメンバーが歌を再開するなら、やはり“嵐で”という思いが、一部の嵐ファンには強くあるのでしょうね。だからこそ、相葉にとって久々の音楽活動であっても、複雑な心境を漏らすファンが続々と出てきているのではないでしょうか」(前同)

 嵐ファンが、「嵐の5人が歌う姿を見たい」と願うのは当然だろう――。

関連リンク

  • 10/8 11:51
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます