2点先行も逆転負け…ベルギー指揮官「決勝を考えすぎたのかもしれない」

拡大画像を見る

 ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が、逆転負けを喫したフランス代表戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 UEFAネーションズリーグ2020-21準決勝が7日に行われ、ベルギーはフランスと対戦。ヤニック・フェレイラ・カラスコとロメル・ルカクのゴールで2点をリードして前半を折り返したものの、後半に3点を奪われ、2-3で逆転負けを喫した。

 決勝進出を逃したマルティネス監督は試合後、フランス紙『レキップ』で「前半は本当に並外れた出来だった。とても自信があり、とても簡単だった。後半は少し感情的になりすぎて、決勝のことを考えすぎたのかもしれない。やるべきことができなかった」と振り返り、次のように続けた。

「フランスに反撃を許してしまった。彼らには最後のゴールを決めるエネルギーがあった。反撃を許したことでとても難しい試合になってしまった。全ては些細なことだ。試合を上手くコントロールできなかったことは残念だ。サッカーをプレーするのをやめてしまった。そこから下り坂となった。そしてフランスのような相手にはそれが罰になる。私たちは全ての努力を投げ出してしまった」

 決勝進出を逃したベルギーは10日に行われる3位決定戦でイタリア代表と対戦する。

関連リンク

  • 10/8 11:42
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます