階段上にいた子犬 半年後に同じ場所で撮ってみたら?

拡大画像を見る

ペットの成長は、飼い主にとって毎日の楽しみですよね。

ゴールデンレトリバーのセナくんは、飼い主(@mofusenna)さんと出会ってから365日がパラダイス。

ご飯をお腹いっぱい食べたり、たくさんお散歩したり、愛情をいっぱい受けながら過ごしています。

気がつけばたった半年で、15㎏だった体重は29㎏に!

まずは半年前に撮影された写真をご覧ください。

なんともいえないドヤ顔

階段の上から飼い主さんを見つめていますね。

この頃は飼い主さんに抱っこされて、昇り降りをしていました。

そして現在の姿がこちらです。

昔と変わらず、階段の上からドヤ顔

今は飼い主さんと一緒に、自力で階段の昇り降りを練習しています。

写真を見た人たちから「顔が全く変わってない」「下からのアングルが最高に愛おしい…」「かわいい、どっちもかわいい!」の声が寄せられました。

ただパワーアップしたセナくんに、飼い主さんはたじたじの様子。

「今は暴れん坊です!怪獣です!悪魔です!」

そういいつつも、セナくんの成長を記録しているので、大好きなのは明らかです。

かわいさ余って憎さ100倍の状態かもしれませんね。

実は、お気に入りの遊びも場所も同じなんだよ!

セナくんは表情だけでなく、お気に入りのぬいぐるみや場所も、子犬のときと一緒。

あっという間にすぎた子犬期に、飼い主さんは少しさびしさを感じていました。

ですが昔から変わらない仕草に、きっと愛しさも感じていることでしょう。

まだまだ大きくなっていくセナくんと飼い主さんの日常に、たくさんのハッピーが待っているのは間違いありません。

[文・構成/grape編集部]

出典 @mofusenna

関連リンク

  • 10/8 10:50
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます