女心を分かってない!と初デートでガッカリされる瞬間9パターン

初デートで、女性に好印象を与えたいと願う男性は少なくないと思います。しかしデート中に、「もう少し気を使ってくれるといいのに…」と不満を感じたことのある女性は多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考に、「初デート中、『オンナ心を全然わかってない!』と感じた瞬間9パターン」をご紹介いたします。

【1】歩く速度を合わせてくれないとき
「気合い入れて高いヒールの靴を履いてきたから、歩くのが大変なのに…」(20代女性)と、女性の歩調を配慮できない男性に幻滅する女性は多いようです。ヒールの高い靴でなくても、歩くのが遅い女性は少なくないので、女性のスピードを気にしながら歩くと、紳士的だと評価がアップするでしょう。

【2】四六時中、携帯電話をいじっているとき
「つまらないのかなって不安になる」(20代女性)というように、「私とのデートは楽しめないんだ…」と女性はマイナスに受け取るようです。たとえ緊張を隠すためだとしても、携帯電話をいじるのはやめて、少しでも多く女性と会話をしたほうが好感を持たれるでしょう。

【3】頑張ってオシャレしてきたのに、無反応なとき
「努力が無駄だと感じてしまう」(20代女性)というように、デートのためにいつもより時間をかけたメイクやオシャレをほめてもらえず、へこんだ経験のある女性は多いようです。「今日はいつもより女らしい服だね」などと一言でも触れると、女性はよろこんでくれるでしょう。

【4】雨が降っても、相合傘をしてくれないとき
「もっとくっつきたい」(20代女性)というように、一緒に傘に入ることで、男性と接近したいと期待する女性もいるようです。傘が1本しかないときはもちろん、2人とも持っていたとしても、雰囲気次第で相合傘を提案してみてはいかがでしょうか。

【5】自分以外の女の子の話を楽しそうにするとき
「今は自分とのデートなのに、ほかの女性の話題を出してほしくない」(20代女性)というように、別の女性の話を聞かされて、嫉妬心を抱く女性もいるようです。たとえそのコがただの女友達だとしても、不愉快に思われたり、いらぬ誤解を招く場合があるので注意しましょう。

【6】度が過ぎるツッコミに傷つけられたとき
「会話を盛り上げようとしているのはわかるけど、程度をわかってほしい」(20代女性)というように、男性からの度が過ぎるツッコミは、女性をイラつかせてしまうことがあるようです。テレ隠しのつもりでも、からかうのはほどほどにして、ときには真剣に女性の話に耳を傾けましょう。

【7】食事後の会計に割引クーポンを使われたとき
「初デートなのに、安くすませようと必死なのかと思う」(20代女性)と、男性のせこい部分を見てしまい、ガッカリする女性が多いようです。せめて初めてのデートだけは、クーポンなしでおごるくらいの気持ちで、気前よく支払いをする姿を見せましょう。

【8】お酒が空になっているのに頼んでくれたり、注いでくれないとき
「ちょっと酔ってしまいたいのに…というのが本音」(30代女性)と、お酒の力を借りて、テンションを上げたいという気持ちが、女性には少なからずあるようです。あまり勧めすぎると、「酔わせたいの!?」と変な疑いを持たれるかもしれないので、勧めるのは、2、3杯程度にしましょう。

【9】元カノの話をされたとき
「『元カノがここで働いてたんだよね…』と言われたけど、そんな情報はどうでもいい」(20代女性)と、聞きたくない情報を耳にしたことで、過去の彼女が気になってしまうパターンです。元カノの話は、女性に聞かれない限り、自分から話すのはやめたほうがいいでしょう。

ほかにも、初デート中、女性に「オンナ心がわかってない!」と言われたことがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/8 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます