西島秀俊 約束「あな番」チーム新ドラマ「伏線は全部回収する」

拡大画像を見る

 俳優の西島秀俊が8日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演。10日からスタートする同局の新ドラマ「真犯人フラグ」について「伏線は全て回収します!」と力強く宣言した。

 「真犯人フラグ」は、19年4月から9月まで放送された「あなたの番です」の製作チームによるミステリードラマ。「あな番」は数々の伏線が張り巡らされ、最終話は視聴率19・4%と大きな話題を呼び、今年、映画化されることも発表された。

 だが「あな番」ではすべての伏線が回収されたわけではなく、マンションに住む、高齢女性の世話をしていた江藤という男性の謎は回収されないままだった。

 今回放送される「真犯人フラグ」は、西島演じる主人公の妻と子どもがある日、突然失踪する。警察に相談し、捜索を依頼するも、この出来事が週刊誌で取り上げられ、世間からは夫に疑惑の目が向けられる…というストーリー。

 スタジオに生出演した西島は「ぼくは犯人は全く知らない」とキッパリ。ネタバレとネタバレなしの2種類の台本があるといい、西島に渡されているのはもちろんネタバレなし。「なので(犯人は)知らないが、でも、時々変なシーンを撮っている。僕は帰されて撮っているが、どんどん不安になっている。騙されているんじゃ?トゥルーマンショーになってるんじゃないかって」と笑いながら打ち明けた。

 何が本当で、何が嘘なのか分からない展開だが、それでも西島は「伏線は全部回収しますから!」と力強く宣言。加藤浩次は「それ、言っていいんですか?」と確認すると「言っていいです。僕が責任を持ってプロデューサーと話します」と、ちょっぴりたじろぎながらも約束。「1話からヒントいっぱい入ってますから!」と視聴者に呼びかけていた。

関連リンク

  • 10/8 10:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます