サウジに敵地で0-1敗北…遠藤「ゲームプラン通りだったが、先に失点したのがすべて」

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選第3節が7日に行われ、サウジアラビア代表とアウェイで対戦した日本代表は0-1で敗れ、3試合を終えて1勝2敗となった。

 試合後、記者会見に出席したMF遠藤航は決勝点を許した後半の流れについて「流れ自体は後半の方が、個人的にはチャンスになりそうというのがあった」としつつ、「相手もちょうど落ちてきた時間帯だったので、そこで何とかもう一回パワーをどこで出すかみたいなところ」「失点をしてしまった時間帯もあまり良くなかった」と、試合展開について振り返った。

 ともにボランチを形成した柴崎岳のパスミスから失点が生まれたことについて触れられると、遠藤は「岳を責めるわけではない」とまず口にしたあと、「自分もどうやってサポートできたのかなとか、攻撃に関しては90分通してもっと個人的にも岳との距離感だったりとかをもう少しサポートするようなプレーをしたかったというのが、反省点としてあります」と、自らの反省も語った。

 1勝2敗と追い込まれた状態で迎えるオーストラリア代表戦に向け、「やることはそんなに変わらないし、今日に関してはチームとして緩く入ったわけでもない」と振り返った遠藤は、「一つ二つの球際や走るというベースはチームとしてしっかりやれていた」と評価しつつ、「どちらかというと攻撃の精度だったりは、もう少しチームとして改善できるのかなという感じです」と攻撃面の課題をあげた。

 また、後半の戦いで疲労の色が見えたことに関して問われると、「気候はあると思います。かなり暑かったですし」と敵地の厳しい環境にも言及。そんな中で、「個人的にすごく落ちた感覚はなかったというか、チームとしてはしっかりブロックを敷いてカウンターで点が取れればというゲーム展開だったと思います」と一定の手応えも口にしつつ、「ゲームプラン通り進めていたけど、先に失点してしまったので、それがすべてだと思います」と、痛恨の失点が大きく影響したと話した。

関連リンク

  • 10/8 10:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます