香川照之「父兄参観のよう」安住アナに見守られて「THE TIME,」MCデビュー

拡大画像を見る

 俳優の香川照之が8日、TBS系「THE TIME,」で単独MCデビューを果たした。番組途中には、月~木曜日を担当する安住紳一郎アナウンサーがこっそり見に来ていたことが暴露され、香川は「父兄参観のよう」と苦笑いを浮かべた。

 番組冒頭「先週は安住アナウンサーと一緒でしたが、今週は私1人でMCを務めます。よろしくお願いします」とあいさつ。早速前夜起こった都心の地震について「僕は横になっていたんですが、地鳴りのような音で起きて、ドンと来て、枕元の写真立てたが何個かあって、2個、横に落ちてきてそれで起きました。(顔面まで)あと30センチでした。お休みするところでした」と語った。

 その後は江藤愛アナと安定感のあるMCで番組を進行するも、途中、赤坂に蛍を呼ぶという「TIMEの森」企画中、香川は突然「心配なんでしょうね。(前番組の)TIME’の時から、あそこで父兄参観のように…」と、スタジオの上段でイスに座って見守る安住アナを紹介した。

 「大丈夫ですか!」と呼びかけた安住アナから「頑張って下さい!」などのやり取りが。番組ラストにも暗い場所から見守る安住アナの姿が抜かれていた。

関連リンク

  • 10/8 8:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます