「渡部建にブチギレ」エピソードを土田晃之が告白!相方・児嶋一哉は嵐・相葉雅紀&波瑠と「特別親密関係」!!「復活不可能」アンジャッシュの残酷すぎる「人望格差」!

拡大画像を見る

 9月28日に嵐の櫻井翔(39)と揃って結婚を発表した相葉雅紀(38)に、夫婦の心得を伝授した存在がいたと、10月5日発売の『女性自身』(光文社)が伝えている。

「相葉が結婚したのは、1学年上で、関西出身のAさん。Aさんと10年近く交際していたという相葉ですが、結婚前には仲が良いアンジャッシュの児嶋一哉(49)夫妻を自宅に招いて、夫婦生活の心得を聞いていたといいます」(女性誌記者)

 児嶋は、2011年9月に元タレントの一般女性と15年もの交際期間を経て結婚したことを発表している。

「児嶋の相方の渡部建(49)は2020年6月の『週刊文春』(文藝春秋)に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられ、大騒動に発展していました。

 その一方で、児嶋は結婚以降、女性関係で浮いた話は全くなく夫婦円満。また、相葉とは交際期間が長いという共通点もあるため、相葉も児嶋夫婦からアドバイスをもらおうとしたのかもしれませんね。ただ今回の報道はそれ以上に、児嶋の芸能界での人望の厚さ、信頼度の高さというのを感じさせる話ですよね」(前同)

 渡部は不倫報道以降、いまだに芸能界復帰を果たしていない。

「現在の渡部に直接会ってサポートしているのは、妻の佐々木希(33)以外では、後輩芸人のいけだてつや(38)だけだと言われています。

 また、土田晃之(49)は、9月12日放送のラジオ『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)で、初対面のときに渡部が“ケンカ腰だった”とし、土田が友好的な態度で接したにもかかわらず、渡部がそっけない対応を取ったため“アイツら殺すかんな”と当時の相方に言ったというエピソードも披露していました。

 このように、以前から渡部には上から目線で人と接するところがあり、騒動によって周囲から人がいなくなってしまったといいます。テレビマンの中でも、騒動前に渡部にあまりに失礼な態度をされた、として、“もう一緒には2度と仕事をしたくない!”という人がけっこうな数いるといいますね。渡部は楽屋で、机を挟んで1メートルの距離でディレクターと打ち合わせする際も、ずっとスマホをイジって、1度も目を合わせなかったそうですからね。

 だから渡部復帰の企画案もほとんど出てこない。もちろん、騒動の内容がゲスすぎて、“スポンサー絶対NG”というのが最大の理由でしょうが、致命的なまでの人望のなさも、いまだに復帰に至らない要因になっていると言われています。“地上波テレビへの復活は不可能”というテレビマンも多いですね……」(夕刊紙デスク)

■トップ司会者を交えて夫婦旅行も!

 人望が全くないと聞こえてくる渡部に対して、児嶋については、まったく違う評価が聞こえてくる。

 前出の女性誌記者は、

「児嶋は夫婦揃って芸能界に密接な関係を築けている人が多いんです。しかも、ジャンルも多彩で人望の厚さがうかがえます」

 と話し、こう続ける。

「くりぃむしちゅーの上田晋也(51)は、児嶋夫妻と近年でも交流があるといいます。児嶋は、売れない時代に上田の家で居候をさせてもらっていた関係だったことを児嶋本人が公言していますが、一部報道では、児嶋が当時交際中だった妻と一緒に上田の家に転がり込んでいたとの話まであります。

 上田と児嶋夫妻の絆が強いのは確かなようで、2018年4月22日付の『文春オンライン』のインタビュー記事で、児嶋は“2年前だったか、海外旅行までプレゼントしてもらいました。うちの夫婦の分、全部出してもらって”とし、児嶋夫妻と上田で一緒にシンガポールに旅行に行ったと話しています」

 お笑い界で児嶋が親しいのは上田だけではない。2020年9月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、おぎやはぎの小木博明(50)と児嶋夫妻が親しいと伝えている。

「小木は、2006年10月に森山良子(73)の娘で元歌手の森山奈歩さんと結婚しました。児嶋たちとは、結婚前から親しい関係になったようで、結婚前にはダブルデートも敢行。その様子が2005年9月発売の『FRIDAY』(講談社)に報じられたこともありました。児嶋と小木は同じ事務所に所属していますが、ダブルデートに出かけるほどですから、相当な仲の良さなのでしょう」(前同)

■“月9”女優とはゲーム友達

 児嶋夫妻の交流は女優にも及んでいるようで、6月17日に放送された『VS魂』(フジテレビ系)では、波瑠(30)が、児嶋の妻と「ゲーム友達なんです」と話した。

「児嶋は、波瑠と2013年7月期に放送されたドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)で共演した際に、オンラインゲームをやらないかと彼女から誘われたといいます。しかし、児嶋は自身がプレイしないため、“奥さんやってるから”との理由で波瑠を妻に紹介したところ、“会ったことないのにめちゃくちゃ仲良くなってて”とゲームを通じて2人が親交を深めたといいます。波瑠は相当、児嶋の妻が気に入っているのか、“ほぼ毎日のように時間があればやってます”とコメントしていました。

 波瑠は『救命病棟24時』以外にも、2018年1月期のドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系)でも児嶋と共演していてます。プライベートでは児嶋の妻とのゲームに熱中し、彼女は児嶋夫妻に公私共にお世話になっているようですね」(前出の女性誌記者)

 上田、小木、波瑠に、ジャニーズのトップアイドルである相葉も児嶋夫妻の交友網に加わった。

「2020年9月の『週刊女性』によると、児嶋の妻は社交的で、誰とでも仲良くなれる性格の持ち主だといいます。また、児嶋は妻から常識を学んでいるといい、非常に信頼を置いているそうです。そんな関係なので、児嶋が芸能界での仕事を通じて誰かと知り合うと、妻も一緒にその輪に加わって仲良くできるのかもしれませんね。

 相葉も、児嶋の芸能界での交友関係を見て、信頼できると判断したところもあるのかもしれませんね。相葉は、渡部と『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で頻繁に共演していたんですが、児嶋に相談をもっていくあたり、渡部のことはあまり信頼していないのかもしれませんね……」(前同)

 相葉がアドバイザーに児嶋夫妻を選んだのは、大正解だったのかもしれない。

関連リンク

  • 10/8 8:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます