恵俊彰・TBS『ひるおび』「大逆風打ち切り説」、坂上忍・フジ『バイキング』「キャラ激変のワケ」、宮根誠司・日テレ『ミヤネ屋』「尻に火」、石井亮次・TBS『ゴゴスマ』「松本人志と共闘で猛追」!「情報番組&ワイドショー」キャスター戦線「異常アリ」【午後編】

拡大画像を見る

 TBSが社運を賭けていると言われる朝の情報番組『THE TIME,』が10月1日にスタートした。

 MCを同局のスーパーエース・安住紳一郎アナウンサー(48)と香川照之(55)が務め、番組には第一線で活躍するディレクターや記者が集結。番組スタートを前に、TBS社内の至るところには番組のポスターが貼られたほか、TBS本社が建つ東京・赤坂周辺にも看板が掲げられた。

 その甲斐あってか、初回午前7時台の平均世帯視聴率は6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は3.4%と好スタートを切った。

「2回目から視聴率は下がってしまいましたが、番組にはさまざまな新たな狙いが見て取れます。今後、期待できるのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 朝に注目が集まっている中、TBSでもピンチを迎えている番組もある。それが恵俊彰(56)がMCを務める『ひるおび!』だという。前出の制作会社関係者は話す。

「テレビ各局は13~49歳のコア視聴率を重視しています。『ひるおび!』の平均世帯視聴率は、昨年まで9年連続で同時間帯トップです。

 しかし、コア視聴率が全然取れていない。芸能、エンタメ情報を取り扱えば多少改善するのでしょうが、恵さんが芸能情報をやりたがらないとも言われています。そして、その恵さんの司会ぶりにも“偉そうだ”と感じている視聴者も少なくないようなんです」

 ネットには「恵さんの司会ぶりに関して“しっかりしているなぁ〜”と思った事は一度もありません!」「何なんだろ、あの鼻につくイヤミな感じ」といった声もある。

■「さん付け&八代弁護士発言」で『ひるおび!』に大きなメスが入る!?

「コメンテーターの話を聞かないまま次の話題に移ることもあります。ただ、生放送の情報番組ですから、時間配分なども気にしないといけないため、仕方がないとも言える。それでも、以前から恵さんの司会ぶりにはネガティブな声も出ていた。

 また、火曜コメンテーターのバービーさん(37)をこれまでは“バービー”と呼び捨てしていたのですが、一部視聴者から“男性コメンテーターの大谷昭宏さんは『さん』付けなのに、バービーが呼び捨てなのはおかしい”というクレームが入ったそうなんですこれを受けて、恵さんは急きょ、事務所の後輩のバービーさんを“さん付け”で呼ぶようになったといいます。

 同じ事務所の後輩・中川翔子さん(36)に対して、“しょこたんは後輩ですが『中川さん』と呼びます”と決めたようで、それを実践しています。これまで番組が好調だったから、細かなクレームは気にしなかったのかもしれませんが、恵さんの耳にまで届くようになったというのは、番組や恵さんのパワーダウンがあるからでしょうね」(前出の制作会社関係者)

『ひるおび!』については、9月10日の番組内で八代英輝弁護士(57)の「共産党は“暴力的な革命”というものを、党の要綱として廃止していませんから」という発言が物議を醸した。

 悪質なデマだということで日本共産党は即刻TBSに抗議。同局は9月13日の『ひるおび!』内で謝罪した。さらに翌14日と15日には番組スポンサーだった食品メーカーがCMを見合わせたことも明らかになった。

「こういった騒動もあり、『ひるおび!』に打ち切り説が急浮上していて、そうした報道も出てしまった。ただ、TBS上層部は以前からコア視聴率が全然取れない番組をどうにかしたいと考えていた。局が勝負を賭けている『THE TIME,』がようやくスタートしたこともあり、次は『ひるおび!』に大きなメスが入るともっぱらです」(前同)

■『バイキングMORE』で坂上忍の“激昂”がなくなったワケ

“司会ぶり”にネガティブな声が上がっていたMCといえば、『バイキングMORE』(フジテレビ系)の坂上忍(54)もその1人だろう。

「前身の『バイキング』時代は、坂上さんの傍若無人ぶりがネットニュースを賑わせました。また、スタッフへのパワハラ疑惑も週刊誌で報じられていました。しかし、ここ最近は坂上さんの司会ぶりに対する話題はほとんど目にしなくなりました。

 それは、以前みたいに番組内で“激昂”することがなくなったからでしょう。激昂しなくなった理由としては『バイキングMORE』になって、伊藤利尋アナ(49)が進行を務めるようになったことも大きいんです」(民放キー局ディレクター)

 それまで進行役だった榎並大二郎アナ(36)が番組を卒業し、ベテランの伊藤アナが進行MCに就任した。

「坂上さんは、これまで番組内容に加えて、生放送における進行面も常に気にしていたといいます。榎並アナは人気はありましたが、進行面で不安も大きかったようで、坂上さんはかなり気を張っていた。その緊張感から、番組前後の打ち合わせでスタッフと衝突したり、パワハラ疑惑も噴出してしまったと言われています。

 ただ、今は伊藤アナがその部分を引き受けてくれるようになったこともあり、進行面での心配はまったくない。坂上さんは番組内容や出役に集中することができ、ストレスを感じることなく番組に臨める。だから、ここ最近は“坂上忍が激怒”みたいなニュースをあまり目にしなくなったともっぱらです」(前同)

■『ゴゴスマ』石井亮次アナが松本人志に急接近

 宮根誠司(58)がMCを務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)は、これまで昼の情報番組において、世帯視聴率トップに君臨してきた。

 しかし、2月4日には石井亮次(44)がMCを務める『ゴゴスマ GO GO!Smile!』(TBS系)が7.1%と、『ミヤネ屋』の6.9%を上回り、同時間帯トップに躍り出たのだ。

「『ゴゴスマ』もそうですが、昨年4月にフリーアナウンサーに転身した石井アナの存在感も増しています」(前出の制作会社関係者)

 9月29日には石井がテレビ大阪の特別番組『もしものマネー道 もしマネ(仮)』(12月放送予定)でMCを務めることが明らかになった。長年、名古屋のCBCテレビの局アナだった石井が関西の番組でMCを務めるのはこれが初。

 2020年12月には『ダウンタウンなう』に出演して、ダウンタウンと共演。7月4日の『ワイドナショー』(ともにフジテレビ系)にも出演し、松本人志(58)に『ゴゴスマ』への出演を直談判したことも話題を呼んだ。

「5月の『ワイドナショー』で松本さんが『ゴゴスマ』について言及し、翌日の『ゴゴスマ』の生放送内で松本さんの発言について反応するというやりとりもあり、松本さんと石井アナの距離が縮まってきています。結果、7月の『ワイドナショー』に石井アナが出演することにもつながったんでしょう」(前同)

■「優しい石井アナ」が「オラオラの宮根」を脅かす!

 10月4日の『ミヤネ屋』の世帯視聴率は4.6%、個人視聴率は2.2%、『ゴゴスマ』は世帯4.4%、個人2.1%だった。

「この日は14~16時台にテレビ朝日で『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の再放送があったため、『ミヤネ屋』も『ゴゴスマ』も数字を落としてしまっていますが、両番組の視聴率はほとんど変わらない。

『ミヤネ屋』といえば、10%取っていたような時代もあったんです。また、宮根さんが小倉智昭さん(74)に代わって『とくダネ!』の後番組を担当するという報道もあった。

 それぐらい、番組にも宮根さんにも影響力があったわけです。しかし、屋台骨となる『ミヤネ屋』の存在感が薄れつつある。一方で、コロナ禍の殺伐とした雰囲気もあるんでしょう、石井アナの優しい司会ぶりや清潔感を求める視聴者も増えてきたのではないでしょうか。結果、『ゴゴスマ』の視聴率が『ミヤネ屋』とそう変わらなくなってきており、逆転することもあると。

“オラオラ系”の宮根さんと“優しい”石井アナという構図で、時代的な背景もあり、宮根さんが徐々に追い込まれてきている感じとも言えそうです」(前出の制作会社関係者)

 強い逆風が吹く恵と宮根、超大物芸人との共闘もありそうで勢いを増す石井、牙が抜けた坂上忍――日本の午後の“主役”たちの今後はどうなっていくのだろうか!?

関連リンク

  • 10/8 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • お天気キャスターがナベプロ所属アイドル(ゆきりんなど)コロナ影響で出演出来ないから、いまのままじゃつまらないです。

  • 八代弁護士は日本共産党が議案の採決に反対していることや、棄権していることを疑問に思ってますね。

  • どのワイドショーも必要ないですね。八代弁護士の発言は事実です。共産党は綱領に書いてないからデマだと抗議しているが、現在も暴力革命を完全に否定していません。ちなみにこの騒ぎでCMを見合わせたスポンサーはキューピーです。

記事の無断転載を禁じます