フランスが2点先取のベルギーに劇的な逆転勝利!…スペインの待つ決勝へ進出

拡大画像を見る

 UEFAネーションズリーグ2020-21準決勝が7日に行われ、ベルギー代表とフランス代表が対戦した。

 ベルギーは前線にロメル・ルカク、ケヴィン・デ・ブライネ、エデン・アザールが並び、その下にはヤニック・フェレイラ・カラスコ、ユーリ・ティーレマンスらが名を連ねた。一方のフランスも、前線はキリアン・エンバペ、カリム・ベンゼマ、アントワーヌ・グリーズマンという豪華な顔ぶれとなり、またリュカ・エルナンデスとテオ・エルナンデスの兄弟同時先発も実現した。

 拮抗した試合で先制に成功したのはベルギー。37分、デ・ブライネのパスを受けたカラスコが左サイドからカットインを仕掛けると、そのままニアを抜く鋭いシュートを放つ。これがGKウーゴ・ロリスの逆を突き、見事なゴールでベルギーがフランスの牙城を破った。

 勢いに乗るベルギーは続く40分、フリーのデ・ブライネが縦パスをつけると、受け手のルカクはボールを跨いで自ら裏へ抜け出す。マークを振り切ると、角度のないところから右足でニア上を射抜き、一気にそのリードを2点へと広げた。

 劣勢となったフランスだが、62分に反撃を開始。エンバペがシザースを交えて狭いスペースへと割って入ると、ゴール前でパスを受けたベンゼマが細かいタッチで相手をかわしシュートする。ブロックに当たって若干コースの変わったボールはゴールネットを揺らし、これでフランスが1点を返した。

 追いつきたいフランスは続く66分、グリーズマンがエリア内でティーレマンスと接触し倒される。VARのジャッジの末、このプレーでフランスにPKが与えられ、キッカーのエンバペがきっちりと決め、フランスが2点のビハインドから試合を振り出しに戻した。

 追いつかれたベルギーは87分、カラスコのクロスにルカクが足で合わせてネットを揺らす。しかし喜びも束の間、この得点はオフサイドで取り消される。すると迎えた90分、フランスはベンジャマン・パヴァールがクロスをあげると、流れたボールが左サイドで待っていたテオ・エルナンデスのもとへ。トラップから得意の左足で豪快なシュートを放つと、これがティボー・クルトワの手をかすめてゴールへと突き刺さった。

 試合はこのまま終了。T・エルナンデスの劇的ゴールで鮮やかな逆転勝利を見せたフランスが、決勝への切符を手にした。

 勝利したフランスは、10日に決勝戦でスペインと対戦。また、敗れたベルギーは同じく10日、3位決定戦でイタリアと対戦する。

【スコア】
ベルギー代表 2-3 フランス代表

【得点者】
1-0 37分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(ベルギー)
2-0 40分 ロメル・ルカク(ベルギー)
2-1 62分 カリム・ベンゼマ(フランス)
2-2 69分 キリアン・エンバペ(PK/フランス)
2-3 90分 テオ・エルナンデス(フランス)

関連リンク

  • 10/8 7:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます