前澤友作氏、ロケット打ち上げ見学者を募集も宇宙旅行と勘違いが続出!

拡大画像を見る

 実業家の前澤友作氏が10月2日、自身のツイッターを更新。前澤氏は12月8日に宇宙旅行へ出発するが、そのロケット打ち上げ見学ツアーとして「宇宙飛行士を目指すお子様(とご家族)」1組3人を無料招待することを発表した。

 前澤氏はツイッターに専用応募サイトのリンクも貼って「【無料招待】12/8のロケット打ち上げにお子様含む1組3名様を無料ご招待します。宇宙好きのお子様や、将来宇宙飛行士を目指すお子様と一緒に、打ち上げの瞬間を現場に観に来ませんか? ※応募〆切は10/4 18:00まで」とツイート。応募サイトには応募方法や資格、計5日間のツアー日程などが記載されている。

 ネットでは打ち上げ見学ツアーにもかかわらず《応募しようかと思ったけど宇宙はさすがに怖くて行けない》《当選した家族は今から訓練するってこと?》といった宇宙旅行の招待と勘違いしている人や、ほとんどが移動に時間が割かれているツアースケジュールに対しても《時差ボケとか全く考慮してくれない鬼スケジュール》《観光はさせない強い意志を感じるw》《うんざりなスケジュールだなw》などのツッコミが続出した。

「前澤氏は今年3月にも一緒に月へ行く人を計8名募集していました。そのため、今回の募集も宇宙旅行の招待と勘違いした人が多かったようです。1度別れて復縁し、結局破局となってしまった女優の剛力彩芽も交際当時、前澤氏は宇宙に連れて行こうと考えていたようですが、剛力は女優としてのキャリアなども考えて結局拒否。1度目の別れの際に前澤氏へ言い放ったとされる『私は月には行けない』は“名言”として話題になりました」(芸能記者)

 ネットでは今回の募集について《“お金配りおじさん”よりもこういうことのほうが夢があっていいと思う》といった称賛の声も多数あがっているが、宇宙旅行を機に“夢配りおじさん”になるのもいいかもしれない。

(柏原廉)

関連リンク

  • 10/8 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます