窪田正孝主演「ラジエーションハウスⅡ」見逃し配信がフジ歴代最速で100万再生突破

【モデルプレス=2021/10/08】俳優の窪田正孝が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』(毎週月曜よる9時~)の初回の見逃し配信が、フジテレビ歴代最速で100万再生を突破した。

◆窪田正孝主演「ラジエーションハウスⅡ」見逃し配信が最速で100万再生突破

今作は、現在『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックが原作。2016年6月より11巻まで発刊しているコミックスの数は、累計200万部を突破している、いま勢いのある人気漫画。

シーズン1となる『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(2019年4月期)の放送終了直後から、「続編楽しみ!」「シーズン2希望」「ラジハロスです!」など、続編待望の声が番組公式HPやSNSに多く上がっていた。そういった視聴者の声に応える形で4日に放送された『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第1話は、個人全体視聴率6.6%(世帯視聴率11.3%)を獲得し(※注)、好スタートを切ると同時に、「見逃し配信」も好調に推移。

第1話の「見逃し配信」が、フジテレビ歴代最速で100万再生を突破し、放送日から3日間(10月4日~6日)で138万再生を記録した(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)。これは、これまでのフジテレビ制作ドラマで歴代最高再生数を記録した前クールの月9ドラマ『ナイト・ドクター』のペースを上回る勢いとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/8 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます