AKB48、“史上最高ダンスパフォーマンス”の裏側 超ピンポイント・神シーンも明かす

【モデルプレス=2021/10/08】AKB48が、8日放送の日本テレビ系「MUSIC BLOOD」(よる11時25分~)にゲスト出演。パフォーマンスの裏側などを語る。

◆千葉雄大、AKB48楽曲を踊る

毎週1組のアーティストを迎え、彼らの中に今も血液として脈々と流れる思い入れのある音楽や、背中を追い続けるアーティストにまつわるトークを交えつつ、ライヴ映像で紐解く新感覚の音楽番組「MUSIC BLOOD」。

今回のゲストはAKB48。結成15周年を迎え、日本の女性アーティストでCD売上歴代1位を誇るまさに国民的アイドル。世界中に姉妹グループが存在し、現在14グループ、約560人が活動。歴代メンバーの総数は、およそ1460人にのぼる、今や日本が世界に誇るトップアイドル。

まずはオープニングトークから。MCの田中圭が「国民的アイドルグループの皆さんです。どんなイメージですか?」と、同じくMCの千葉雄大に質問をすると、千葉自らがヒントと称し、音楽にあわせて踊り出すのを見て、田中&現場スタッフに大ウケ。今日も幸先の良いスタートだ。

◆AKB48、“史上最高ダンスパフォーマンス”の裏側

AKB48を迎えてのトーク収録がスタート。今回は岡田奈々、向井地美音、本田仁美、柏木由紀、横山由依(ゆいはん)、横山結衣(よこゆい)、村山彩希、下尾みうが登場。

話題はAKB48のミュージックブラッドについて。今回はAKB48グループのOGから現役メンバー総勢1460人の中から、同じアイドルだから気づいた、超ピンポイントな神シーンを選んでもらい、映像で振り返りつつその魅力を語る。

そしてブラッドソングについて。先日卒業を発表した由依が「あの頃私は研究生で、初めてAKB48劇場にデビューするという時に、私が初めて劇場でやった曲だったので、思い入れがあります。AKB48にとっても大事な曲ですし、私個人にとってもすごく思い入れのある曲です」と語る。

さらに話題は、もう1つのブラッドソングについて。由依が続けて「毎日3時間は必ずメンバー全員で練習しました。みんなロックダンスが未経験だったので基礎からみっちりやりました。連日ハードな練習を重ね、AKB48史上最高のダンスパフォーマンスが完成しました」と明かす、AKB48のブラッドソングとは。AKB48にとって大事な“AKB48の楽曲”2曲を披露する。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/8 6:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます