1億2500万円以上のクジラの排出物“龍涎香”を発見 タイの漁師「仕事を辞める」と笑顔

拡大画像を見る

タイ南部スラートターニー県にあるニヨム海岸で先月27日、地元の漁師ナロン・ペッチャラジさん(Narong Phetcharaj)が石のような塊が岸に打ち上げられているのを発見した。

漁を終え岸に戻ってきたところだったというナロンさんは、それがマッコウクジラの腸内で生成される結石「龍涎香」に似ていることに気づいて自宅に持ち帰り、タオルにくるむと段ボールの中にしまいこんだ。

その後ナロンさんはテレビのニュースで見たことを思い出し、塊が龍涎香であるかどうかを確かめるため、ライターを使って燃やしてみた。“アンバーグリス”とも呼ばれる龍涎香は燃やすと溶けだし独特の香りがするためで、ナロンさんは「すぐに表面が溶け出して、本物だと確信したよ。それでこれはお金になると思って、国立プリンス・オブ・ソンクラー大学の専門家に鑑定を依頼したんだ」と当時を振り返る。

龍涎香はマッコウクジラの腸内だけで生成され、飲み込んだイカのクチバシなどが腸壁から出されたネバネバした分泌液で包まれて固まったものだという。以前はクジラの嘔吐物と考えられていたが、現在ではクジラの肛門から排出されるという説が有力で非常に希少だ。

また海面に長い間漂流すると熟成し、乾燥すると独特の香りを放つことから「シャネル N°5」など有名ブランドの香水の原材料として広く用いられ、高く取引される。

『South China Morning Post』によると、過去の1キロあたりの取引価格は約417万円(37500ドル)から約476万円(42791ドル)とのことで、今回ナロンさんが発見した約30キロの龍涎香は1億2500万円以上の価値があることになる。

ナロンさんは「村で龍涎香を見たり触ったりした者はいなくてね。今回の発見には村の誰もが喜んでいるよ。もちろん私も興奮している。どうしたらいいのかわからないくらいさ。ただ本物の龍涎香だという鑑定書はもらっているからね。これから売りに出そうと思っているよ」と興奮冷めやらぬ様子で語っている。

漁師であるナロンさんの1か月の稼ぎは数万円ほどとみられており、「いい値で売れたら、漁師は辞めて友達のためにパーティを開くよ」と明かした。

ちなみにタイでは昨年11月、漁師が約100キロとこれまでで最大級龍涎香を発見しており、価値は3億円を超えると話題となった。

画像は『The Sun 2021年10月5日付「WHALE I’LL BE DAMNED Fisherman set to scoop £1millon after finding huge lump of rare ‘whale vomit’ washed up on Thai beach」(Credit: ViralPress)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/8 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    10/11 7:09

    こういう人て、パーティー好きやね。

  • 脱走兵

    10/11 6:21

    身の安全に気をつけて。

記事の無断転載を禁じます