JO1川尻蓮、リベンジ誓う ダンスバトルTEPPENに挑む

【モデルプレス=2021/10/08】JO1の川尻蓮が、9日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『TEPPEN2021 秋』(よる9時~)に出演。ダンスバトルTEPPENで前回のリベンジに挑む。

◆芸能人がとっておきの特技でTEPPENを競う

芸能人が自らのとっておきの特技を披露し、その分野でのナンバーワンを決める「TEPPEN」。各界から集まったいずれ劣らぬ強者たちが、その道の“てっぺん”の座を本気でつかみにいく。9日放送の『TEPPEN2021 秋』では、「ピアノ」「ダンス」の2種目でTEPPENを競い合う。

◆深田恭子、力強く美しい音色にキュン

ピアノ対決は、俳優、アイドル、YouTuber、そしてあの人気キャラクターなど、多岐に渡るジャンルの芸能人ピアニストが集結。ピアノの“てっぺん”争いは、激戦に。

戦いのルールは、桑田佳祐の「SMILE~晴れ渡る空のように~」やYOASOBIの「三原色」、LiSAの「炎」など、昭和・平成・令和、3つの時代でヒットした30曲の中から自ら選んだ2曲でミスタッチ・プレッシャー決戦となる「ゲームステージ」と、自身の好きな曲を披露し、「表現力」「正確性」「リズム」などの審査項目により採点される「フリーステージ」との合計点でTEPPENが決定する。

ピアノTEPPENに挑むのは、5度の優勝歴をもちながら前回、前々回とハラミちゃんに破れ、悔しさをバネに練習を積んできた元AKB48・松井咲子、今大会最年少の19歳で現役音大生アイドル・後藤理花(ザ・コインロッカーズ)、初出場初TEPPENを目指す若手女優・新條由芽、2017年以来の優勝を虎視眈々と狙うフリーアナウンサー・杉浦みずき、YouTubeやTikTokで人気の次世代インフルエンサーで今大会のダークホース・ぴあの男子ゆうちゃん、ピアノ歴19年を誇る、音大ピアノ科卒の伊藤詩乃(Malcolm Mask McLaren)、ピアノ歴17年を数える人気2.5次元俳優・佐藤たかみち、初出場で下克上を狙う、ピアノ歴23年のお笑い芸人・カニササレアヤコ、伊藤・佐藤・カニササレアヤコを上回るピアノ歴24年を誇る、ものまねピアノタレント・まなまる、YouTubeでドラムやサックスを披露するなど、音楽の才能も豊かな国民的キャラクター・ムックの10名。

アレンジの効いた力強く美しい音色に、ゲストの深田恭子は「キュンが止まらないです」とコメント。深田、小沢真珠、そして音楽プロデューサーの松任谷正隆が見守る中、緊張感MAXのスタジオでピアノの“てっぺん”に輝くのは誰だ?

◆川尻蓮、ダンスバトルTEPPENに挑む

一方のダンス対決には、日本を代表するダンスパフォーマーが集結。ダンスバトルTEPPENに挑むのは、前回のリベンジを誓うグローバルボーイズグループ・JO1を率いるダンスリーダーの川尻、極真空手の有段者で、身体能力と動きのキレに絶対の自信を誇る、2.5次元舞台俳優の佐藤流司、東京2020オリンピックの開会式で話題となったピクトグラムの“中の人”MASA、世界の“てっぺん”を獲ったパーフェクトダンサー・FISHBOY、そしてLDHの看板を背負い、TEPPEN2連覇を目指すアクロバットパフォーマー・浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の5名。

最新ダンスゲームの得点と芸術点の合計点数で競い、ダンスバトルTEPPENの栄冠は誰に輝くのは、連覇を誓う浦川か、はたまた新王者が誕生するのか?(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/8 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます