野村萬斎 「ドクターX」で民放連ドラ初出演 決め台詞に「キターッ!」

拡大画像を見る

 女優・米倉涼子(46)が7日、都内でテレビ朝日系主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(14日スタート。木曜、後9・00)の制作発表会見に出席した。大人気シリーズの第7弾となる。

 狂言師の野村萬斎(55)が、今作で民放連ドラ初出演。大門の最大の敵となる内科部長・蜂須賀隆太郎を演じる。米倉との初共演に「いきなり最初の撮影日で『私、失敗しないので』と言われて『キターッ!』ってうれしくなっちゃいました」と笑顔。「御意」のフレーズがおなじみだが、狂言の「唐人相撲」から取り入れた両腕を顔の前で組んでお辞儀する内科版のポーズを考案し「飛まつが飛ばないように、こういうのをアドバイスしました」と明かしていた。

関連リンク

  • 10/8 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます